沖縄の身近に行ける海の中 part2

『身近にある海』

今回は、沖縄県糸満市にある『大渡浜海岸』を紹介します。

ここの海は、駐車場もあり、シャワーも500円で入れ、透明度も高く魚もいっぱいいるので、個人的には一番のおすすめポイントです。

ジョン万次郎が沖縄に上陸した場所としても知られています。

 

そのため、ジョン万ビーチとも呼ばれてるらしいです。

地図

那覇空港からのアクセスは

個人的には物凄く好きな場所です。

観光客も多く、駐車場を利用できないこともあるので、なかなかいけませんが。。。

さっそく、海の中を覗いてみましょう!

 

 

岩場が多いので、滑らない靴があると便利です。クロックスでもいいと思いますが、念のため滑らない靴を用意したほうが身のためです。

 

少し歩いて、海の中を見てみると、デバスズメの群れが出迎えてくれました。

ここの海の魚達は、他のところに比べ、だいぶ人懐っこいです。

魚肉ソーセージを持っていったら、面白いと思います。

 

クロソラスズメダイ

何見てんだよ!みたいなお顔してますね カワ(・∀・)イイ!!

クロソラスズメダイは、縄張り意識が高く、住処に近づくと、攻撃してきます。(甘噛みしてきます 笑)

 

シャコ貝の子供

なんとなく撮ってみました。

 

イッテンフエダイ(方言名:ヒシヤマトビー)

結構な群れでいました。バター焼きで美味しそうです。

 

ホンソメワケベラ(方言名:スルルークサバー)

こいつは凄い奴です。みんなから好かれています。理由は・・・

 

無料でみんなを掃除してくれます。とてもかわいいです!

ホンソメワケベラは群れをなさず、一匹で行動しています。

掃除してくれるから、外敵が少ないのかなぁー??

どうしてかなぁー??

 

浅いところではデバスズメに良く遭遇します。

 

ゴマハギ(方言名:不明 ※知ってる方いたら教えてください。)

ゴマハギと仲良しなアミチョウチョウウオ

チョウチョウウオはとても大好きな魚で、採取する際は必ず取ります。

色んな種類がいて、色も鮮やか!とても魅力的な魚です。

 

物凄い小魚の群れ!

正体は・・・

沖縄県を代表する魚 タカサゴ(方言名:グルクン) 幼魚

気持ち悪いほどたくさんいました。

こういう魚を捕まえて餌にすると、とんでもなくでかいやつが釣れるのが沖縄の海です。

僕は大きいサイズを自分で釣った際、良く刺身にして食べます。とてもうまいです。

おススメですよ♪

 

ミスジリュウキュウスズメダイ(方言名:いしびかー・いしびき等)

白と黒の色が印象的です。きれいなシマシマになっています。

本土で白黒のシマシマの魚と言えば『イシダイ又はサンバソウ』ですが、沖縄ではミスジリュウキュウスズメダイですね 笑

 

ここからは少し沖の方に出ます。

アミチョウチョウオチョウハンの成魚

深場に出るとサイズもでかくなっていきます。

 

クロハギ(方言名:トカジャー)

物凄い数でいました。

中央に映っているチョウチョウオは、フウライチョウチョウウオ

沖縄の方言ではチョウチョウウオ科全般をカーサーと呼びます。

このポイントで水深が約10Mあります。

皆でお食事中。多分、藻を食べているんだと思います。

 

カスミアジ(方言名:ガーラ)

刺身が旨い奴です。釣りでは最高の引きを見せてくれます。

※大型の奴はシガテラ毒があるそうなので注意が必要です。

沖縄県釣り記録は、9.6kg ケラマ諸島儀志布島(ぎしっぷ島)での釣果だそうです。キャンプなんかも出来て、晴れた夜には天の川も見えるということです。

島に渡るには、ゴムボートかカヤック・又は漁船をチャーターします。じゃないといけません。渡嘉敷島からの出発になります。

 

チョウハンとツノダシ・クロハギにフライチョウチョウオ

いろんな色・形・種類の魚が入り混じっていて、とてもキレイでした。

沖縄でしか味わえない身近な海です。

 

アオブダイ(方言名:イラブチャー)

真上からの写真。岩をかじっています。

岩を粉々にかみ砕いて、岩についている藻を捕食しています。

ブダイ類の噛む力は物凄く強いので、指を口に入れたりすると、確実に無くなります。

かといって、悪い奴ではありません。その逆で、とてもかわいい奴です。

ハリセンボンの次にかわいい奴だと僕は思っています。

 

顔がオウムのような感じが良いです。

ブダイ類にはいろんな種類がいます。メスとオスというものが無いらしく、成長するとメスになるらしいです。

ってことは最初はみんなオスなのかな??

海の生き物はわからないことだらけです。

 

一通り見てみて、僕自身思うことは、やっぱり、沖縄の海は最高だということです。

多種多様な生き物たちが、共存して生きている。

一つ一つに個性があり、海の中はいつも賑やかです。

そんな風景を見ていると、自分という存在がちっぽけなものに見えてしまいます。

そういう素晴らしい海が、普段何気なく見ている身近な海の中には存在しています。

そんな身近な海があるのが、沖縄です。

観光で訪れた際は、覗いてみてはどうでしょうか。

ダイビングと違い、自由に何の制限もなく覗けるのでお勧めです。

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください