絶対に勝てる投資はこの世に存在しない

旅の記事を書こうと思いましたが、今回は僕が長年続けている投資に関してのことを書いていきます。

僕が投資を始めたきっかけは、『簡単に稼げる』と思ったから。

当時、無職で、金さえあればと毎日毎日思っていました。

金持ちと貧乏人の違いは何だろう?親が金持ちなら子供も金持ちで、親が貧乏なら子も貧乏なのか?

でも貧乏から金持ちになった人もいるし、どうなんだろう?

当時、ニートの僕はヒマすぎてこういう事を四六時中考えていました。笑

そして、携帯(当時はガラケー)でいろいろ調べると、『金持ち父さん貧乏父さん』という本に出会う。

当時、ちゃらんぽらんで本なんか読破したこともありませんでしたが、何故かこの本は読破する。

この本に登場する『投資』 そこに注目したのが始まりです。

不動産投資・株式投資・金 等 初期費用がなるべく抑えられそうですぐに始めることが出来る株を始めようと思っていましたが、当時は、外国為替証拠金取引=FXが始まった時でもありました。

これはチャンス!と言わんばかりに、最初に始めたのが為替取引です。

しかし、収入のない僕は、まずは就職から始めることに。

就職し給料を貰いデスクを買い、無我夢中で為替関連の本を読み漁り、サービス残業中は会社のパソコンで図面を書きながら為替取引をしたり、運良く買ったり負けたり、一か月で100万以上勝ったり、二週間ですっからかんになったり・・・・・・

結局は年間でマイナスにしかなりません。

このままじゃいけない。なんとかしなくては。

そこで思いついたのが、転職。

転職と言っても正社員ではなく、契約社員として自動車会社で働くこと。期間工というやつです。

給料も25万以上あり、基本土日休み・連休もあり・ボーナスあり。

当時手取りで16万・サービス残業月100時間~200時間・休みなし。の僕にとっては絶好の場所が期間工でした。

給料が多ければ投資資金に回せるし、休みが多いなら投資の勉強が出来る!

迷わず期間工の道へ。

しかし、最初の一年目は散々な結果に。

でも何かが違う。無駄な取引をしなくなった。負けを認めて、なぜ負けたかを自分で考えることが出来るようになっていた。

今思うと、すべてを投げ捨て一人知らない土地で生活する環境が良かったのかも。

投資に真剣に向き合える環境だったからこそ良かったんだ。

なんというか、子供の頃ってゲームとかやるでしょ?で、それを極めるまで諦めない。そのゲームが中心で自分の世界が回っている。周りなんて関係なく自分が好きなことをとことんできる。本当に子供ってすごいんだよな。

だけど、大人になると視野が広がるから、いろんな欲も出てくるし社会の変なしがらみにも締め付けられる。あーしないとこーしないとってな感じで。

僕の働いていた自動車関連会社というのは基本的に自由に行動できる。周りに合わせなくても仕事さえやっていれば良い。たまに愚痴っぽい人とか陰湿な人とかいるけどシカトしといても別に業務に支障はきたさない。

これって物凄く良い環境だと僕は思う。(特に何か目標のある人)

その環境のおかげで熱心に投資に励むことが出来、二年目には生まれて初めて確定申告ってやつをやりました。

物凄くうれしかった。自分の脳みそ一つで稼げたのも嬉しかったけど、今まで投資を信じてやってきて本当に良かったと感激した。恥ずかしいけど20代後半でうれし泣きもした。

今までさんざんだったのにここまで来れたのも環境が良かったんだ。

んで、タイトルにある『絶対に勝てる投資はこの世に存在しない』

これは今から投資を始める人・興味がある人には知ってもらいたい。

ただ言葉を知るのでなく、投資の本質を知ってもらいたい。心の奥底から。

じゃないと失敗する。確実に。

ネットや本屋に良く置いてある、『私は為替を始めて半年で1億稼ぎました』や『一生食える株式投資』や『私の投資スタイル教えます』等、胡散臭いものがたくさんあるよね、あれすべて本当の話なんだよ。

??????

と思った方もいると思うが、あれはね本当の話。確かに昔はウソを書いてる奴もいたんだけど、今はねこれだけネットが発達しすぎてるから、嘘はつけないんだ。すぐわかるからね。だから、本や電子書籍を出してる方たちは確実に投資で稼いでいるんですよ。

でもね、だからと言って、何でもかんでも買って良いというもんじゃない。

人の投資のやり方を真似したって、稼げるわけがないんだ。

投資で年間通してプラスの人はオリジナルでしかないんです。

本や教材はあくまでも『参考書』にしか過ぎないんだ。

人の真似したからといって勝てないんだ。

理由は、人間は一人一人考え方が違うから。

投資は毎日が想定外と思っていたほうが良い。というかその通り。

『教材を買いました。先生と同じ取引スタイルを頭にぶち込みました。実際取引しました。負けました。

先生!あなたをもう信用しません。』

初心者はこうなります。

この場合、この初心者の方は先生の取引スタイルは熟知してはいるけど、先生の心まではわかりません。

取引スタイルを完コピして、熟練トレーダーになったつもりだけど、心理的な部分が鍛えられていなかったようです。

そう、投資で一番大事なのは心理学。

取引が始まると、続けるのもやめるのも『自分』しかいません。

先生や他人は助けてくれません。もし助けてもらえる人がいるなら、その人は詐欺師だよ。

心理的な部分を鍛えるには、自分しかいない。本・教材は参考書。行動するのは自分。

たまにこのような記事も書いていきます。

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください