愛知県田原市 渥美サーフ~赤羽根港釣行記

愛知県内で青物が釣れると、しかも砂浜から。

にわかに信じ難い情報があったので、愛知県田原市へ。

ポイントはこのあたり

青物が釣れる。砂浜から。

ショアジギングというやつですね。

ポイントはこんな感じ。

太平洋デカッw  スゴイ景観です。これを見るだけでも価値がある。

ショアジギングは生まれて初めてなので、今回はお試しでやってみることに。

魚がいる気配は無いけど、サーファーならたくさんいる。

砂浜なので靴を履いていると足がとられる。。。

なら素足で勝負!

素足で歩きまわっていると周りの釣り人にじろじろ見られる。w

まぁ偏見の目には慣れてるからいいんだがね!

3時間ほど粘って見るものの釣れる気配ゼロ。他の釣り人に聞いた話だと最近はあまり青物回ってこないらしい。

釣り人も帰る人が多くなってきたので、潮時か?と思い次のポイントへ。

道具も全て片付け、もう一度太平洋のデカさを見ていると、なんか騒がしい。

鳥が暴れている。あれ?もしかしてナブラたってんじゃない?と思いずっと観察していると、手前まで寄って来ている!

シーバスかな?もう少し粘っとけば、遊べたかもなーw

ベイトはこいつ。

イワシ?カタクチイワシという奴かな?

とても良い物を見せてもらいました。ありがとう。

 

次のポイントは赤羽根漁港。

 

 

駐車場やトイレ・道の駅なんかもあってとても良い場所です。

漁港の入り口から防波堤の先端までを攻めてみることに。

早速、慣れないルアーを投げてみる。一投目。ルアーだけが飛んで行くw

仕掛けを作り直し、釣り仲間からルアーを借りて仕切り直し。

底を探ってみるといいかもというアドバイスを受け丁寧に探っていくと、ドン!

 

生まれて初めてルアーで釣った魚は、ヒラメさんでした!引きはあまりなかったけど、物凄くうれしい。借りたルアーだけど。

初ヒラメなので〆て持ち帰ることに。

興奮冷めないうちに釣り続行。

二投目も同じように底を丁寧に探る。ドドどん!!

さっきとは全く違う重量感&引きの強さ。間違いなく大物!

しかもジャンプしてる!生まれて初めてのシーバスか??あれ?俺ってこんなにルアー向きなのか?伝説のアングラー誕生か?

こんな妄想が頭をよぎるw

足元まで寄せてはいるもののまだ何かは確認できない。奴も命がけで最後の抵抗を見せて底に突っ込んでいく。

三度ほど突っ込まれてようやく上がってきたのは、なんと!

ふぐ!高級魚。食べれるかわからん。いや、食べたら100%死ぬ。

多分三キロはあったと思います。プクプクしててとてもかわいいカワ(・∀・)イイ!!

こんなにデカいフグ釣ったのは沖縄以来です。たしか沖縄ではオカヤドカリに食ってきたよな。こいつらはなんでも食べるんだな。と回想。

もしや、トラフグでは?と思い、スマホで検索してみたもののなんか違う。

とりあえずお寿司屋さんに持っていこうと考えたものの食えない奴と言われたら、このフグが可哀想だ。

というかフグさんよ。

こんなにも愛嬌のあるお顔してとてもカワ(・∀・)イイ!!

しばらくフグと戯れた後逃がしてあげました。さようなら、とてもカワ(・∀・)イイ!!フグさん!

その後は、当たりもなくのんびり釣りして、帰宅。

持ち帰ったヒラメは、その日に刺身にして食べることに。

しかし、ヒラメって洗いしかやったことが無いので、とりあえずYouTubeで調べながら捌くことに。

ウロコは銀たわしで取ります。

こんな感じ。

 

あとは見様見真似で。

 

結構うまくいったかも。

 

最後は

 

 

背の部分が強烈に旨かったです。

今回の釣行もとても楽しめました。

ヒラメがこんなに旨いとは思いませんでしたよ。

次は座布団ヒラメ狙いで行こうと思います。

 

 

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください