サラリーマン起業家『実績ゼロ!』の悩み

 

 

 

サイドビジネスを始める時に、悩むことが『実績が無い』という事です。実績が有るのと無いのとでは、天と地くらいの差があると思っていました。

実績を偽り、ながら商売する人も中にはいますが長続きするはずもないのは、承知の通りですよね。

しかし、あらゆる分野で活躍している人たちだって最初は『実績が無い』わけです。しかも、ライバルだっています。

そのような状況でなぜ、実績を積み上げていくことが出来たのか?

活躍している人たちが何をしてきたのか?

そして、やってきたことを理解することにより、応用できるのではないか?と僕は考えています。

 

※この記事は5分で読み終わります。

==============================

 

皆さんは、車には乗られていますか?車を買う前の車選びの時って、とてもワクワクしますよね。

僕は、最初に買った車は、新車でした。

会社にも就職できたので舞い上がっていたのでしょう。その後悲惨な運命をたどりますが・・・

この話は置いときます。

 

車を買う時って色々な車を見て回り、どれが良いのか想像するわけですね。

レクサスならこんな感じでしょうか?

 

『レクサスに乗ることで、一目置かれる存在になれるだろうな。みんなに乗せて!と言われるのが楽しみだ。この車に乗りながら、スーツを着て遊びに出かけるのも良さそうだ。しかし、会社には乗っていけないな。さて、どうしたものか』

 

車を選ぶ際、誰でも考えたことはあると思います。

 

『人が関心を持っているのはあなたのことではなく、まず自分自身のことなのだ。』 
現代広告の心理技術101から抜粋

まさしくその通りで僕たちは普段、モノが欲しい時、色々な想像をしています。

洋服・帽子・食べ物・飲み物 勉強もそうだし自分の夢もそうですね。

 

客引き行為がありますが、軽く話しかけられる程度なら、全然OKなのです。

しかし、必死でお店に呼び込もうとするキャッチの人がいます。あれはいけませんね。

上記にも書いてある通り、『お客さんは、自分の事しか考えていない』わけですから、無理に引き込もうとしても逃げられて当然なわけです。

 

『人がモノを買う理由を理解するには人について知り、人の本質というものに敏感になるべきだ。』
『人がどのように考えどのように生きているのかを知り、人が何を欲し何を必要としているのかを把握し、この2つを区別できるようにならなくてはいけない。』
現代広告の心理技術101から抜粋

 

 

人がモノを買う理由とは=それを買うことで一人前と認めてもらえる・腹を満たすことが出来る・視覚的に楽しめる

全ては欲求です。

人は、欲求のために動いています。

人の欲求は、7つに分かれています。

 

  1. 生存欲・・・・・生きたい
  2. 睡眠欲・・・・・眠りたい
  3. 食欲・・・・・・食べたい
  4. 性欲・・・・・・交わりたい
  5. 怠惰欲・・・・・ラクをしたい
  6. 感楽欲・・・・・音・ビジュアルを楽しみたい
  7. 承認欲・・・・・認められたい

 

その7つの欲があると言われています。

これらは、本能的なものであり人はこの欲求を振り払えることは出来ないという事です。

人間の歴史の中で、唯一振り払えたのが、お釈迦様らしい。。。

 

この欲求の中で、もっとも強い欲求が、7番目の『承認欲』です。

さっきのレクサスの話をもう一度思い浮かべてみましょう。

 

『レクサスに乗ることで、一目置かれる存在になれるだろうな。みんなに乗せて!と言われるのが楽しみだ。この車に乗りながら、スーツを着て遊びに出かけるのも良さそうだ。しかし、会社には乗っていけないな。さて、どうしたものか』

 

この男性は、レクサスに乗ることで、一目置かれる存在になりたいという、欲求の中で一番強い欲『承認欲』が働きました。

しかし、会社の人の目が気になるようで、なかなか購入に踏み込めません。

そこで、ディーラーさんの登場です。

 

=============================

 

『よかったら、くつろいでいかれますか?』

と言われるも、緊張してしまい、断った。

するとディーラーは、『ではごゆっくりご覧になられて下さい。何かあればお声を頂けるとご対応いたします。』

とその場を立ち去った。

中古車店のように尾行はされないようだ。これなら、一人でじっくり見ることが出来るぞ。

その日一日で隅々までレクサスを堪能した男性の頭の中には、レクサスで頭がいっぱいになり、会社の目なんざもうすっかり忘れていた。もちろん、妻のこともだ。

後日男性は契約を結んだ。

 

=========================

 

この物語にも、欲が入っています。

一人でじっくり見ることが出来る、6番目の感楽欲です。(映画なんかもそうです。)

その後、最大の欲求である承認欲を満たすために、男性は、契約を結んだという事です。

 

商品を販売する側は、男性の欲求を満たしてあげるために視覚的に背中を押してあげたんですね。押し売りなどせずとも、商品を売ることが出来るわけです。

 

今ビジネスをされていて、実績が無く悩んでいる方は、この『欲求』の勉強をするのが、実績を作るきっかけにもなるでしょう。

 

 

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください