会社で働かずにたらふく食べいっぱい遊びたくさん寝たい

 

『会社で働かずに食っていけたらいいのにな』

 

そう思っているあなたは、正常だと言えます。

少しの労働で、毎日お金が口座に振り込まれていたとすると、どんなに楽でしょうか。

逆に、『お金はいらない。なぜなら働く事が大好きだからだ』と言っている人を見てどう思いますか?

精神論的には素晴らしいのかもしれませんが、はっきり言って魅力は感じません。なんか、アフィリエイトより胡散臭そうですもんね 笑

考えてみればわかる話ですが、働く事が好きならば、多くの人の役に立っているという事ですので、必然的にお金はたくさん貰えますね。そして仕事が本当に好きなら、そのお金を使って、さらに人の役に立つ仕事をしようとするわけなので、結局お金は必要になります。

 

『会社でもう働きたくない』

そう周りの人に告げると、どうかしたのか?悩んでいるのか?といわれるのが落ちです。特に日本では、『周りと同じ』という事を前提に人と付き合っているので、少し違う事をしたり言ってみたりすると、気が狂っている。というレッテルを貼られます。

ですが、本音でいえば誰しもが会社で雇われとして働きたくはない!と考えたことはあると思います。

もし会社で働かずにたらふく食べいっぱい遊びたくさん寝れる。そういうことが出来るお仕事があったとするならば誰でもやってみたいと思うはずです。

何を夢みたいなことを言っている!と思いましたか?しかし、今の時代は良い時代で、インターネットさえあればそんな仕事が出来るのです。

僕が高校の頃には想像もできなかったのですが、インターネットでビジネスをして月に100万円稼ぐスーパー高校生もいる世の中です。スゴイですよね。

 

僕はブラック企業で勤めていた経験からか、普通の人より、会社という組織に対しては物凄く嫌悪感を抱いています。

『会社で働かずに食べ遊んで寝る』というよりは、『会社で働きまともに食えず遊べずほぼ寝れない』という正社員時代だったので、自分の思い描いたように自由に仕事が出来る環境がある今の世の中にはとても感謝をしています。

正社員として会社で働き、出世して、老後を迎える。

そんな生き方に一か月で挫折して以来、自分で稼ぐためにはどうすればよいのか?どうすれば、この不自由な生き方から解放され、自分の想う通りの生き方が出来るのか?

そんなことを毎日考えていました。

そこで自分で考えた様々なビジネス(運転代行やデリヘル・街コンなど)にチャレンジしてみたのですが、何かが違う。

結局これらのビジネスでは、自分がそのビジネスの歯車に一つにならなければいけず、結局は不自由な生活を強いられていたのです。

時間を使い、自分で営業していくことは、いくら経営者であっても不自由なのか。

と気づかされた瞬間でもありました。

僕の求めていることは、組織には入らず・何もせずに稼ぎ・空いた時間は好きなことをする。そいうことなので、今考えると、昔僕のやっていたことは、雇われることと何ら変わらないことをしていたのだなと言えます。

 

『社会に縛られず自由に生きる』

この活動を今出来ているのは、まぎれもなくネットのおかげですね。

ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでも好きな時に好きな時間だけ仕事が出来るわけなので、僕がいつも思っていたことにかなり近づいてきました。

一昔前までは、自分でお金を稼ぐことなど、難しすぎる!といわれていましたし、お金儲けは汚い行為とまで考えられていましたね。

金持ちは悪さをして稼いでいる。とこんな感じで周りの人に教わったように思います。

 

今の時代、確実に言えることですが、自分で稼ぐという事が身近になり、お金に対する考え方もだいぶ変わったように見えます。

良い会社に勤め・出世するというよりは、自分のやりたいことで生きていく人が増え、それに伴って、人の考え方も自由になってきてるのかなと。

良い例が、ユーチューバーですね。今どきの小学生は、ユーチューバーになる為の教室に通っている子もいるらしいので、今の子供が大人になると、良い会社・出世などの考え方は無くなるのではないでしょうか?

そして、自分のやりたいことには、とことんお金を賭けます。

自己投資という事です。

実際に、今の若い人は、車離れやお酒離れ・恋愛離れなど、あまりお金をかけないというのです。では、彼らは何にお金をかけているのかというと、自分の好きなことですね。

車や飲み会など、ただの自己満足にすぎないことを彼らは熟知しているようです。

車を乗られている方はわかると思いますが、買う前はワクワクしますが、実際に手に入ると一か月もすれば、なんとも思いません。

車を買う前は、自分がこの車に乗ってかっこいい姿を思い浮かべたり、この車に乗りアウトドアに行き自身が活躍している姿を思い浮かべて、良いなと思い買うわけですので、実際に購入すると大したことが無いことに気づきます。実際は、会社と家の往復かまたはスーパーと家の往復でほとんど使うからです。これは、消費者心理を利用した、企業側の策略ですね。

 

こういう時代なので、昔の考え方が通用せず、今の若い人たちの考え方が、10年後20年後活躍するのだと言えますね。

そして彼らに取り残されないためには、ネットビジネスについて検討しても良いのではと思います。

PS.

最近、ビットフライヤーを始めました。

こちらの方も収支を報告していく予定です。

 

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください