ダイレクトレスポンスマーケティング=集客・教育・販売

 

アフィリエイトをしようと考える前に知っておかなければいけないのがダイレクトレスポンスマーケティングという手法です。

どのようなものなのか?

ネット検索で調べてみると、たくさん出てきますね。

しかし、何か難しそうと思われた方や長文すぎて理解不能になった方もおられるのではないでしょうか?

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは??

簡単にいうと、

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

です。

 

 

1.集客

ブログメルマガアフィリエイトでは、まず記事を書いて集客します。

この集客用の記事とは、見込み客(読者)が抱えている悩みの問題を解決する記事ですね。

例えば特に多いのが、人間関係・お金・仕事です。

これらの悩みを解決して差し上げられるようなタイトルをつけ記事を書いていく。

それを続けていくうちに、次第にあなたのファンになってくれる人が出てくる。

そして、メルマガ登録をしてくれるわけですね。

 

 

2.教育

※一番大事なところがここです。

教育というと洗脳のイメージがあります。人によっては、何で読者の俺がお前に教育されなきゃなんないんだ?と思われる方もいますでしょう。僕自身、あまりよく思っていません。

が、しかし僕たちは、知らず知らずのうちに教育をされているのです。

親の教育・学校教育・会社教育はもちろんですが、テレビ・雑誌・スーパーのチラシ・街中で目にするもの全てに その商品が欲しくなるように 人々の価値観を誘導するビジネス戦略が日常的に行われています。

赤ちゃん~大人になるまでに色々な価値観の教育を受けて来ているので、教育とはごくごく普通なことなのです。

そして、ネットにおいて情報発信者は教育者になるのです。

どうしてかといいますと、情報発信者は読み手に対して様々な情報を提供していきますので、次第にファンも増えることになります。

教育をしてやる!と思わなくとも、ビジネスを続けていくと、必ずファンが付いてきてくれるわけです。

こういったことからもわかる通り、情報発信をするにあたり、自分の言葉には責任が伴ってきます。

なんせ、自分の価値観を読者に提供するわけですので、読者に間違った思想などを教育するようなことになれば、ビジネスが続けられなくなるわけですから、言葉には気を付けています。

ところが、この教育というものを悪用し、読者を騙してやろうとする輩がいるのも事実です。

この輩は、世のサラリーマンたちを侮辱するような情報発信を行い、莫大な富を得ているようです。

とここで、考えてみてください。

そのを侮辱した記事を、家庭を持ったサラリーマンが読んだらどうでしょうか?

子供がおり、愛する妻がおり、毎日朝から夜まで働いて一生懸命我慢して働いて家族を支えているのにもかかわらず、サラリーマンを侮辱し莫大な富を得ている輩がいるのです。

おかしくないですか?

その侮辱している輩にビジネスを教わった人たちも、同じようにサラリーマンを侮辱していくのです。

こういったこともあるので、僕が情報発信を行う際は、心のこもった記事を書くように努力しています。

もしこの先、あなたが教育者あるいは指導者として、人を成功させることが出来たとするのなら、大きな社会貢献をしたと実感できることでしょう。

しかし、上記でもお伝えしたように、人を不幸にする教育は好ましくありません。

そもそもの話ですが、お金のために大切なものを犠牲にしてまで教育することは人としての道を外れています。そういったビジネスが長続きしないのも理解できたのではないでしょうか?

 

・・・とここまで、僕の思想をお伝えしてみましたが、これは本音です。

情報発信において、一つの信念・哲学に沿ったものでないと一つのテーマを深く書けません。

そもそも教育というと、教員免許が必要という事ではないのです。そういったワクにとらわれすぎると、本質が見抜けなくなります。注意したいところですね。

 

 

3.販売

 

一番ここが大事だと思われた方もいるかもしれませんが、実はそんなに必要ないのかなと最近思うようになってきました。

集客・教育さえしっかり行うことが出来れば、もう信頼されていますので、メルマガなどで商品を紹介すると買ってもらえるからです。

とはいっても、商品を紹介するページがあると取りこぼしを少なくするという意味では必要なのかもしれません。

アフィリエイトでは、以下のような記事が存在します。

 

・商品のセールスレター

・メルマガ登録用ランディングページ

・アフィリリンクが仕込まれたページ

 

これらの記事を販売用の記事と考えてください。

この記事のポイントは、『ここぞ!』という時に記事に載せたり、メルマガで紹介したりします。

ここぞ!と言う時だけです。

考えてみるとわかると思いますが、毎日毎日、販売目的の記事を送られたり、ブログに載せたりしているのを見ると、『またか』となりませんか?

売込み臭がただよう記事を毎日毎日書いていると、頑張っているようには見えますが、はっきり言って飽きてきます。読者を飽きさせてしまっては、ブログをしている意味もありませんので、販売目的の記事は、たまにで良いと言えます。

 

P.S

ダイレクトレスポンスマーケティングについてお伝えしましたが、あまり難しく考えずに作業したほうが良いと言えます。

ダイレクトレスポンスマーケティングときくと、なんか難しく考えてしまいがちですが、簡単には、集客・教育・販売の事なので、どんなビジネスでも行われている事です。

そして、僕たちは普段、自分の価値観や思想を情報発信して行くだけの事ですので、ワクにとらわれずに自由に自分を表現した方が良いのではないかな?と思います。

ダイレクトレスポンスマーケティングについてもっと詳しく知りたい方は、下記よりご参加下さい。もちろん一発で解除もできます。

 

🔰無料メール講座🔰

 

 

 

 

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください