孤独に強い人は成功するという真実

 

孤独と聞くと、ネガティブでマイナスなイメージが頭をよぎります。

誰だってそうだと思いますが、孤独ほど寂しくて辛いものはありませんよね。出来る事ならこの孤独というものから逃れ、その他大勢と群れて生きていきたいと思う事は、人間である以上当たり前の行動と言えます。

大昔、特に日本人は農耕民族でした。ゆえに、集団で生活するのが当たり前ということが体に組み込まれているのかもしれませんね。

しかし、今現在、一人一人の考え方を大事にすることが当たり前である上に、インターネットというものが普及したせいもあって、個人個人が色々な情報に触れることが出来るようになってきました。

そのような状況の中で、一人一人の価値観というものが変わりつつあり、周囲との考え方が180度変わり、孤独に苦しんでおられる方も多いのかなと思います。

 

考えてみるとわかると思いますが、僕たちは常に孤独と向き合ってきた生き物だと思います。

小学校・中学校・高校と、この期間において、寂しくて辛い思いをしたことがある方もいると思います。そのたびに僕たちは、孤独というものに向き合ってきたのではないでしょうか?

その過程において、どうすればこの気持ちを無くすことが出来るのだろうか?

そう考えていきついた先は、周りと一緒にいるという選択肢でした。

学生時代は、誰でもこのような考え方に行きつくと言えますね。

そこで、みんなと同じようにしておけば寂しくないという考え方が身につき、大人になってまで周りと同じようにするという人が多いはずです。

しかし、学生時代は周りと同じようにしておけば何とかなっていたものの、大人になり社会に出るとそううまくいくはずもありません。

ましてや、ネットも普及し様々な情報が転がり込んでくる今の時代において、価値観が変わって当然というのは先ほどもお伝えしました。

たしかに、会社で周りに合わせていれば良いと思いますが、僕たち人間は成長していく生き物ですので年を取るごとに、見える世界が変わっていきます。視野が広がってゆくという事です。なのでどうしても孤独になるわけですね。当たり前のことなのです。

そんな生き物なので、自分だけは学生時代に経験した孤独から逃げたいがために周りと同じように合わせていこうとすればするほどに、上手くいかなくなるのです。

孤独から逃げよう逃げようとすればするほどに、思考停止状態に陥るわけです。

思考停止状態に陥っていますので、常に周りに依存し、他人の目が気になり、自分の人生を他人にゆだねてしまうのです。

孤独から逃げようとすると、このようになるのは明らかです。

 

とここまで、孤独についてネガティブなことを言ってきましたが、では孤独の正体とは何でしょうか?

もうお分かりになられた方もいると思いますが、孤独とは人が成長するうえで欠かせないものです。

幼いころから、僕たちは成長して生きてきました。

成長期や思春期などがそうであるように、大人になると心が成長してゆくのです。

人として立派であるように心が求めているわけですね。

目に見えないことですが、自分と向き合う事の多い大人ならではの成長なのですね。

そこを無視して、孤独から逃げるために周りと同じように生きようとすることは、自分の人生を放棄してしまっていることと同じことのようです。

日本の社会は、昔から周りと同じようにしない人を毛嫌いする習性がありますが、今現在、このような考え方ではこれから先もっともっと苦労する人が多く出てくるのではと言えます。

 

群れて過ごす人の大勢は、孤独から逃げている証拠です。

実際に彼らを観察していると、必ずと言ってよいほど、なにかを攻撃対象にして結束を図っているように見えます。

例えば、職場で仕事のできる人ほど、嫌われるという事があるように、群れている人たちは他人の目が気になるあまり、なにかを攻撃していないと気持ちが安らぐことが無いようです。他人を攻撃することでしか、自分を表現できないのですね。

孤独という人として成長していかなければならない時期から逃れようとするために、群れて生活しているわけですから、人として立派にならないまま、年老いてゆくのです。

哀れに思えないでしょうか?出来る事ならこういった社会人集団には出くわしたくないものですが、職場には必ずと言ってよいほどある一定数の群れが存在します。

なるべく関わりたくないものです。

 

 

自分の孤独の時間を

自分できっちりできないような人には

他人を愛する資格は無いと言える

一人で生きてゆくことが出来てはじめて

人を抑圧することなく

愛せるんだと考えている。

                             ピート・ハミル

 

 

孤独になると自分の道を歩むことが出来る

 

確かに、孤独とはとても寂しいし、ツラいと思います。

誰にも理解されない・相手にされない。

ネットが普及し色んな情報が飛び交う中で自分に合う価値観を見出しては見たものの、周りからは批判され、自信を無くす。

そのような状況になったとき、どうするでしょうか?

 

1.思考停止状態になれる群れの中に戻りますか?

2.それとも自分の信じたものを深く追求するでしょうか?

 

1、の場合、みんなと仲良くワイワイやって楽しいでしょう。

しかし、時期が来ると必ずまた孤独というものに遭遇します。

そのたびに群れの中に戻り以前と変わらぬワイワイやって楽しい生活が待っているでしょう。

そしてまた孤独に襲われる・・・・つねに思考停止状態に陥っていますので、この負のスパイラルです。

 

2、の場合だとどうでしょうか?

自分はこういう風でありたい!とのぞみ、実際に行動に移す。

『あっ!こいつは変な奴だ』と言われても、気にせず我が道を行く。

自分の人生という真っ白いキャンパスに人生を思い描いていく。

もちろん誰にも邪魔をさせずに。自由に。

 

どちらが建設的で人間らしく立派に生きていけるかはもう一目瞭然ですね。

僕はいつまでも後者のほうでありたいと強く想います。

 

 

P.S

そもそもの話ですが、僕たちは自由に考え・行動しても良い生き物だと思いませんでしょうか?

それが、日本という国においては人と違う発想・行動をすると偏見の目で見られる傾向にあります。

とても悲しいことですね。

しかし、その考え方も終わりが見えてきたように思うのは僕だけではないはずです。

これからも『社会に縛られず自由に生きる』をテーマにドンと胸を張り行動していきましょう。

無料メール講座は下記よりご登録可能です。もちろん一発解除OKです。

 

 

 

 

 

 

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください