お金を引き寄せるために必要な潜在意識(無意識)とは?

 

潜在意識(せんざいいしき)・顕在意識(けんざいいしき)と聞きなれない言葉ですが、本をよく読まれる方は、結構耳にする言葉と思います。

潜在意識は無意識のことで、顕在意識は意識していることです。

専門用語を用いると何か難しいそうですが、意識・無意識と聞くと、『あーそういう事か。』と納得される方もいるのではないでしょうか?

過去100年において、もっとも偉大な発見は、この『潜在意識=無意識』の力に気付いたことだとも言われています。

 

これは、物凄く重要なことで、潜在意識=無意識に考えている自分の想像は、自分の行動にも表れるからです。

どういう事かと言いますと、自分が心の中で本気で思っていることは、実際の現実世界に現れるのです。

例えば、僕たちは、子供の時に親や周りの大人から、『お金は楽して稼ぐものでは無い』という事を叩き込まれてきました。

あるいは、『お金持ちは悪い人』や『お金は人をダメにする』と言ったことでしょうか。

とにかく、幼いころの僕たちは、何も知らない真っ白な心を持っていましたので、親や周りの大人の言いなりになることしかできずに、『お金は楽して稼ぐものでは無い』・『お金持ちは悪い人』・『お金は人をダメにする』と言ったことを鵜呑みにするしかなかったのです。

結果、潜在意識=無意識にそう思ってしまい(刷り込まれてしまい)、大人になり社会に出るとお金に苦しむといったことが起こるようです。

こういったことから、潜在意識=無意識に想っていることは、現実世界にも影響を及ぼすのです。

 

お金の問題だけでなく、他の問題にも言えることで、過去の経験から、『自分はモテない』・『自分は変われない』・『自分は豊かになれない』・『自分は幸せにはなれない』といった事を潜在意識=無意識に思っていると、それが自分の行動を制限してしまう信念へと変わるのです。

では逆に、『自分はモテる』・『自分は変われる』・『自分はお金持ちになれる』・『自分は好きなように生きてよい』・『自分は幸せになれる』と常日頃から顕在意識=意識的に思うようにしていくとどうでしょうか?

この前向きな信念を持っていると、潜在意識=無意識にもそれが組み込まれ、結果、現実に幸せになれるという事ですね。

 

たった一人の信念を持った人は

 

利害関係しかない99人の人に

 

匹敵する

 

ジョン・スチュワート・ミル(イギリス・経済学者)

 

と少しここで考えてみて欲しいのですが、お金を稼ぐという事はそれほど難しいことではないと言えると思いませんでしょうか?

なぜなら、僕たちは先ほどもお伝えしたように、幼いころに『お金は楽して稼ぐものでは無い』ということを刷り込まれて今まで生きてきました。

子供の頃にこう教わっているので潜在意識=無意識に『お金は苦労して稼ぐもの』『大金を稼ぐものでは無い』という事をいまだに心の片隅に根付いているようです。

その考え方がブレーキとなり、お金を稼ぐことに躊躇する。或いは大きく稼ごうとしなくなるのです。

すると、どうでしょうか?

ブレーキを踏んでいますので、今の現状で満足するのです。

この固定観念を捨てることが出来れば、ブレーキが外れ、お金を引き寄せる力が最大限に解き放たれるのですね。

 

そもそもの話、お金とはただの道具でしかありません。

モノと引き換えにする紙切れです。

なので、『お金持ちは悪い人』・『お金は人をダメにする』と言った、幼いころに学んだことが、デタラメであることは明らかですね。

お金はただの紙切れで道具であり、人の良し悪しを区別するものでもありませんし、人がダメになるといった精神論とはまったくもって別のものです。

 

”豊かさをポジティブにとらえていれば、自然と富が集まってくる”

という法則は、いかにももっともらしいが、事はそれほど単純ではない。

お金が動くのは現実の世界だ。精神の領域でただ想像したからと言って手に入るのではない。

お金は物理的領域にある行動の見返りに手に入る。

 

アリア・ニームス(臨床心理学博士)

上記のこういった理由からも、常日頃、お金についてどう思っているかが重要であることは明白ですね。

『お金は簡単に稼いでも良い』

『お金はいっぱい稼いでも良い』

『お金は良いもの』

 

また、お金だけじゃなく、他の事でもそうですね。

『会社は成長させてくれる場所』

『出世は出来る』

『幸せになれる』

『いつも上機嫌』

『好きなように生きてよい』

『どんな仕事でも良い』

こういった前向きなことを常に持ち続けていると、潜在意識にプログラムされ、自然と無意識のうちにそうなるような行動をとる。

自分が口にした言葉・思考は潜在意識にも伝わり、信念を作り上げていくのですね。

こういった事からもわかる通り、僕たちは、自分の生きたいように生きてゆくには、周りに合わせていてはダメという事がわかります。

 

人はそれぞれ、違った価値観・信念があって当たり前ですが、日本という社会では、人はすべて同じ。という風に教え込まれています。

特に会社という組織においてはそうですね。

考えたくもないことですが、自分を出そうとすればするほどに、叩かれてしまう社会のようです。

叩かれたくない。だから嫌だなと思いつつも、周りに合わせるしかないと思い、もがき苦しんでいる方もたくさんいるのではないでしょうか?

そんな連中にムリして合わせる必要は無いと言えます。他人は他人・自分は自分という風に、境界線を張るのも一つの手ではないでしょうか。

そんな輩に付き合っていると、潜在意識が変わってしまう。そう考えると、ここは一つ、自分の人生のために、あまり関係を持たないという手もあるという事です。

 

僕たちは、自分の人生を自分の思う通りに生きても良い生き物です。

地球に住む生き物のうち、人間以外の生き物は、食べて、繁殖し、死んでいくだけですが、人間は違いますね。

人は、自分がこうありたい!と創造し目標を持つことのできる唯一の生き物です。

それを叶えるのは、他人ではなく自分ですね。なので自分の好きなように生きても良いのです。

他人に振り回される。そんな生き方はしたくないものですね。

プロフィール

名前:こじぴん

20の時に就職するも一か月で退職。以降ニート生活をする中で、お金について学び始める。

21歳、再就職。同時に外国為替証拠金取引(FX)を始めるもTotal80万近く損をする。

25歳、会社を辞め契約社員として破格の給料を貰いながら、FXに打ち込み、二年後ようやく税金を納めないといけないくらいの金額を稼ぐことに成功。

28歳、独自の投資理論でパチンコに挑戦。一年で約80万円ほど稼ぐことに成功。

30歳、昔から興味のあったネットビジネスに挑戦するも、一旦休業。

現在、あることをきっかけに再挑戦。収益化に成功。

詳細は⇒http://cojipin.com/post_lp/freemail/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください