デンソー期間工になりたい人必見!期間工一日の流れ

 

期間工の中でもトップクラスの給料を貰えるのが、デンソーの期間工です。

忙しい部署であれば、月に25万以上は稼げますし、満了金(ボーナス)を合わせると年収が約500万円になります。

日本人の平均年収440万円と言われているので、いかに給料が高いかがわかります。
平均年収

 

よく『デンソーは楽』と聞きますが、実はとても大変です。

同じ作業を10時間以上しなくてはいけないわけですので、楽な作業だとしても次第に飽きてきて、そこが大変なわけです。

 

そんなデンソー期間工ですが、一日の流れをまとめてみたので見てみてくださいね。

 

スポンサーリンク

・デンソー期間工の一日:昼勤の場合

 

 

デンソー期間工の場合、部署によって働く時間帯が異なります。

大体は、以下の働き方になるかと。

 

昼勤の場合

作業時間:早出1時間 7:25~8:25 ※早出残業1時間の場合
作業時間:早出30分 7:55~8:25 ※早出残業30分の場合
10分休憩 8:25~8:35 ※8:35~5分間朝礼あり
作業時間 8:40~10:00
10分休憩 10:00~10:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 10:10~12:00
お昼休憩 12:00~12:45 ※混雑を避けるため変動あり
作業時間 12:45~15:00
10分休憩 15:00~15:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 15:10~17:15

 

残業がある場合、17:15~15分間休憩を取り、その後から残業が始まります。

この場合、最大で2時間30分の残業があります。

つまり、早出1時間残業を含めると、1日3時間30分の残業があるわけです。

 

稼ぎたい人にとっては、とても最高な場所と言えますね。

 

次に夜勤の場合です。

 

・デンソー期間工の一日:夜勤の場合

 

 

夜勤の場合ですが、少しだけ勤務時間に変化があります。

D勤・E勤と言われる勤務体系ですが、だいたいはこの2つのどちらかの勤務になるはずです。

 

D勤の場合

作業時間 18:55~21:00
10分休憩 21:00~21:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 21:10~23:00
お昼休憩 23:00~00:00 ※部署により多少変動あり
作業時間 00:00~2:00
10分休憩 2:00~2:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 2:10~3:45
15分休憩 3:45~4:00 ※残業がある場合
残業時間 4:00~

 

 

E勤の場合

作業時間 19:55~22:00
10分休憩 22:00~22:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 22:10~00:00
お昼休憩 00:00~1:00 ※部署により多少変動あり
作業時間 1:00~3:00
10分休憩 3:00~3:10 ※部署により多少変動あり
作業時間 3:10~4:45
15分休憩 4:45~5:00 ※残業がある場合
残業時間 5:00~

 

夜勤の場合、残業時間は最大2時間15分しかできません。

ちなみに、物凄く忙しい場合、夜勤でも早出があることがあります。

 

スポンサーリンク

・夜勤は手当がデカい

 

デンソーの場合、夜勤手当というモノがあり、1日につき4500円ほど出ます。

日給が最大で11200円。

残業代を合わせると、15000円以上貰えるという事になります。

 

ちなみに、今までお伝えしたのは、2組2交代の場合ですが、3組2交代という勤務もあります。

3組2交代はやったことが無いのですが、聞いた話によると年収にすると変わりはないという事なのです。

ただ、ほとんどの場合、お伝えした2組2交代勤務になるはずです。

 

・デメリット

 

デンソーの場合、楽な作業が長時間続くので、足が痛くなったり、変な妄想をしてしまったりしてしまいがちです。w

僕の場合ですが、ポケットの中にiPodを忍ばせて音楽を聴いたりしていました。

決してマネしないようにしてくださいね。

まぁ、デンソーの場合は社員さんもユルいので大丈夫と思いますが・・・

 

さらに、デンソーは派遣会社を通しての採用はしていないので、他の期間工と違い多額の入社祝い金を貰うことが出来ません。

短期間で稼ぎたい方には、不利かなと思います。

3年満期を目指しているのであれば、絶対にデンソー期間工にチャレンジしたほうが良いと言えます。

 

デンソー期間工になりたいのであれば、会社の公式サイトから応募できますので、検討してみても良いかなと。

デンソー公式サイト

デンソー期間工に挑戦してみる