ストレスに強くなる方法【ストレスは消せる】

 

 

 

関連記事

折れない心は誰にでも作ることが出来る【レジリエンス】

 

 

ストレスのない生活を送ることが出来れば、もっと良い人生を送れる。

 

もしかするとあなたはそのように考えているのかもしれません。

僕は昔そのように毎日考えていました。

将来の不安から始まり、仕事でイヤなことを思い出しては、寝付けない日々が続いたり・・・

 

 

日本は裕福な国のはずなのに、ほとんどの人たちがストレスというモノに悩まされていますね。

そのために、ストレスに関する本などが毎年出版されているのではないでしょうか。

 

『ストレスを克服したい』

 

僕も含めて、世の中のみなさんがそう思っているはずです。

ストレスを克服する方法があるのなら実践して、有意義な毎日を過ごしたいものですね。

 

 

この記事を読んで行動することでストレスを克服し、自分の理想に近づける練習をしてみませんか。

 

 

 

スポンサーリンク

・ストレスを受けやすい人と受けにくい人

 

 

あなたの周りにも、ストレスを受けやすい人・受けにくい人いると思います。

 

シンプルな話ですが、ストレスを受けやすい人というのは

 

・真面目な人

・几帳面な人

 

こういった人がストレスを受けやすい人です。

あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

 

 

しかし、ストレスというのは持って生まれたものでは無く、幼いころの育った環境によりストレスを受けてしまう人受けない人に分かれるという事がわかっています。

 

 

生まれたときからストレスに弱い人を一人も知りません

免疫学の権威:安保徹先生(新潟大学名誉教授)

 

つまり、ストレスを大きく受けてしまう人の中には、幼いころに作られた性格にも理由があるとのことです。

 

例えば、親に口うるさく育てられ過保護の環境で育った人は、ストレスに対して過剰に反応してしまいます。

どうしてかというと、自分の考えで問題を乗り越えることが出来ずに、いつも親が介入してしまうからです。

 

大人になり、何か問題があった場合など『どうしたらいいのかわからない』といった事になりいつまでも悩み続けてしまう。

自分の子供にはこういった思いをさせたくはありませんね。

 

 

 

もう一つは、長時間労働です。

周りの人よりたくさんの仕事をこなしているという自覚があれば、モチベーションも上がりますね。

しかし、睡眠時間を削って仕事をしてるという事は、脳に大きなダメージを残している証拠でもあります。

睡眠時間が少なくなると、考える力が無くなってしまい、結局パフォーマンスは下がるものですね。

 

日本では、仕事に厳しい人・真面目な人が重宝されていますが、ストレス社会を作り出している要因でもあるのです。

はっきり言ってしまいますが、サラリーマンの皆さんは会社や社会・世間体に洗脳されているだけです。

 

 

絶対に会社で働かないといけないと考える人や、仕事が出来る人・几帳面な人は注意が必要です。

マジで危ないですよ。

 

 

 

・ストレスを克服するチカラ

 

 

ではどうすればストレスを克服することが出来るのか?

 

そもそもですが、ストレスを自覚することから始まります。

『あっストレスを感じているな』という自覚を持つようにするわけです。

 

例えば、会社で嫌なことがあり

『あいつのせいでうまくいかなかった』

『あのやろーバカにしやがって』

と思うと、その嫌な感情に振り回されてしまいがちですね。

 

イヤな感情に振り回される前に『あっストレスを感じているな』と考えるという事です。

こういった認識が無いとストレスを克服することは困難と言えます。

 

以上を踏まえて、ストレスを意識することを前提にして読み進めていくとよくわかると思います。

 

 

・忙しくする

 

誰にでも経験があるのですが、忙しい時って、目の間にあることにだけ集中しますよね。

他の事は一切関心が無く、今やっている事だけに意識を集中している。

 

こういったときというのは、ストレスを感じることはありません。

よく考えて欲しいのですが、ストレスを感じてしまう時って、ヒマを持て余している時が多いと思いませんか?

 

その暇な時間、ストレスを感じることで何か得るものがあるならそれでも良いのかもしれませんが、実際には全く無意味ですね。

その時間を自分の好きな時間に使った方がはるかに有効的です。

なので、忙しくしてみるというのが良いです。

 

何もやることが無いなら、目をつむるだけでも気分が良くなります。

 

 

 

過去の成功体験を振り返る

 

ストレスを感じてしまうという事は、自分に自信が無くなっている時でもありますね。

そんなときは、今までの成功体験やツラいけど乗り越えてきた壁を思い浮かべる癖をつけると効果的です。

 

 

そして、そうやって今まで頑張ってきた自分を大きく大げさに褒めてあげるわけです。

『やっぱり自分はすごいじゃないか。天才だな』

と思うという事です。

 

別に恥ずかしがる必要はありません。

なぜなら、自分の心との対話だからです。

他人に向かって『やっぱ自分はスゴイ・天才』というのは、恥ずかしいものがありますからねw

 

 

もう一つは瞑想という手段がありますが、人それぞれなので、興味があれば調べて実践してもよろしいかなと思います。

ちなみに僕もやっていますが、頭がすっきりします。

おススメです。

 

 

スポンサーリンク

・ストレスは上手に付き合える

 

 

ストレスに強くなると、ポジティブな性格になります。

何事も前向きにとらえることが出来、仕事でもうまくいくことが増える事でしょう。

 

 

最後にこのブログでは自分で稼ぐための仕組み作りを無料で公開しています。

自分で稼ぎたいけどどうしたら良いかわからない。

そう考えているのであれば、一度登録されてみてくださいね。

 

もちろん気に入らなければ、一発で解除可能です。

 

 

社会に縛られずに自由に生きる無料メール講座