与沢翼『就職は片想い』

 

 

動画とテキストを融合してみました。

声を聴きながら、テキストを読み進めてみてくださいね。

成功している人とそうでない人の違いが少しわかるかもしれません。

 

 

 

 

 

『毎日必ず自分の仕事に向き合っているか』

 

例えば、私はそこがモルディブにいたとしても、プーケットにいたとしても、パソコンに向かい、自分の仕事を放棄したことはただの一度もない。

 

毎日必ず、自分の仕事と向き合ってきました。

 

それが少ない時間になろうとね。

少ないといっても、3時間とか取りますけど。

ともかく毎日向き合うと。

 

これだけ稼いでいてもですね、例えば誕生日当日。

11月12日もメールを送ったり、動画をプレゼントしたりとか、プーケットからやってました。

知ってる人はね、知っていると思いますけどね。

だからモルディブにいようと、プーケットにいようと、ドバイにいようと、どのリゾートにいようと、そんなの関係ないです。

 

絶対に毎日自分の仕事に向き合うんですね。

 

ここでのポイントは、それが自分の仕事であるという点です。

いくら、勤め先の会社の仕事と土日問わず、向き合っても全く意味がないです。

仕事は勤務時間中のみで十分です。

それで、高いクオリティーを出せるように工夫すべきですね。

 

マイビジネスに対して向き合うということが重要です。

副業だったりとか、経営者の方であれば、自分の事業ですね。

でまた、トレードであれば土日の相場が休みだからといって、相場を見ないなんてことは、ありえないと。

止まっている日であっても、チャート見れるし、来週どうなるか予想することだってできますよね。

とにかく自分のマイビジネスに対して向き合うと。

毎日パソコンに向かうと。

パソコンだけじゃないですけどね。

こういうスタンスを、ずっと実はとっていて、休んだ事ってないんです。

 

だから、仕事と遊びの境界なんていうのは、完全に無いということですね。

そんなものは無いと。

遊んでようと向き合うんだということ。

 

それと、そのいくらですね、これ私はっきり言っちゃいますけど、私はバカらしくて就職なんてとてもじゃないけどできないですね。

だって人のために尽くしているわけです

それも、誰か分からない法人というね。

誰かの利益、全体の利益なんでしょうけど。

そういうところにですね、自分の人生を費やしても実はリターンてないです。

で、保障もしてくれません。

非常に切られるときは冷たいです

 



だから、私は10代でそれを悟って、20代以降大学卒業してから、一度も就職したこともないですし、馬鹿らしくてねできないんです。

でまぁ、もちろん皆さんお勤めの方たくさんいらっしゃると思いますから、それを否定するわけではないんですけど。

皆さんも薄々気付いてると思うんですよ。

 

本音でいわないと、このマインド思考の枠組みは意味ないですから。

 

私であればもう、自分のマイビジネス以外に尽くすことは、とてもじゃないけどできないです。

これは何かというと、愛してくれない人を自分だけ愛してるのと同じなんです。

片思い。

これが私は、就職している状態だと思っています。

 

副業を始めればいいです。

働いていてもね。

 

例えば、私はあのこれ大学とか行っていた時とか、司法試験の勉強したり、自分がね一番大事なこと。

自分の夢のために時間を使ってました。

10代の時もね。

 

で、アルバイトをね、傍らではしてましたけど、アルバイトなんてもう無ですよね。

最低限のことをやって、別にそこで評価される必要もない。と思っていたぐらいですから。

で副業ずっとやってました。

10代からね。

 

それが今の経験になっている。