プロフィール

 

 

はじめまして、こじぴんと言います。もちろんあだ名です。

このページを見てくれてありがとうございます。そしてもしかするとあなたは、投資やビジネスについて深く興味を持っているのだと思います。

このページでは、僕が投資を始めたきっかけや、ネットビジネスを始めたきっかけ、一度挫折し、再出発をした経緯などについてお話していきます。

 

僕は、自分自身を社会不適合者だと自負していますので、もしかすると、僕の記事を読んで気分を害される方も多数おられると思います。

しかし、よく考えてみるとわかる話ですが、投資やビジネスをやる際、普通の人の考え方ではまず稼げないのですね。

どうしてかというと、投資やビジネスは、オリジナルでないといけないからですね。(これは僕の経験上です。なので、気にしないでください。)


ところで、なぜ僕が、投資やネットビジネスを始めたのかというと、それは、お金を稼ぎたいからです。資本主義の世の中なのでそれは誰でも同じだと思います。

では、なぜお金を稼ぎたいのか?


良い家に住み、高級車を乗り回し、周りにチヤホヤされたい!とかそういう事ではありません。

単純に家族に楽をさせてあげたいからなのです。

こういうと、偽善者!というレッテルを貼られそうですが、それはそれで結構です。

 

ここで少し、僕のお話をさせてもらいます。

僕は、母子家庭で生まれ育ったのですが、父親の顔は一度も見たことはありません。そのため、幼少の時から祖母の家で育てられました。生活はというと、母親が朝から夜中まで働いていたおかげや祖母が家事をしてくれたおかげで、食べるものには困ったことはありません。

しかし、実家が昔の沖縄風の古民家でトイレはポットン便所。夜中、そのトイレに行くと電気もつかないような所だったので足を突っ込まないようにするため一苦労です。ポットンなので、週に一度バキューム車が来て、中のモノを取っていくのですが、その匂いは強烈で、近所にも迷惑をかけたと思います。風呂場は、冬になると冷たい隙間風がビュービュー吹き、とても寒かった記憶があります。風呂=寒い。そう思っていたのですね。

当時は、小学生だったこともあり、物凄く恥ずかしい思いもたくさんしましたが、今となっては、とても思い出深いとても良い家で育ててくれてありがとうございます。と、感謝の気持ちで一杯なのです。

そんな家庭で育ったこともあり、親や親せきには楽にさせてあげたいという気持ちがあります。

『じゃぁ、会社で正社員として働けば、毎月安定的に収入も得られるからその方が良いのでは?』

という声も聞こえてきそうですが、僕はそこに疑問を持ち、自分一人で稼ぐ力というものを身につけたいと思いました。

確かに毎月の給料というのは、魅力的なのかもしれません。しかし、その給料を得るにあたり、僕たちはなにを差し出しているのでしょうか?

ここからは僕個人的な考えなのですが、

普通のこれまでの価値観、例えば、親や教師・会社の上司に『こういう風にすれば大丈夫』的な社会での接し方などを僕たちはこれまで鵜呑みにしてきたわけです。

確かに、そのおかげで、周りとの協調性も図ることが出来、周りからも認められてきたのだと僕は思います。

確かにみんなでわちゃわちゃするのは楽しい。だけど、、、なにかが違う。

何かよくわからないけれど、周りに合わせてばかりで、、、なにかが違う。

朝早くから、夜中まで働き、休みなし、これは本当に良いことなのか?

確かに、そのおかげで、周りからは、『頑張っているね』『偉いね』『スゴイね』と言われる。褒めてくれてうれしいけれど、なにかが違う。

当時、正社員として働いていた僕は、常に自問自答していました。

周りの人は良いことだと言ってくれる』でも、僕はどうなのか?

自分自身は、この状況に対して、満足しているのだろうか?

 

答えは、もちろんNOでした。

 

 


序章

 

 



21歳 当時の僕は、会社に就職したものの、一か月で辞めました。

 

理由は、単純に耐え切れなかったのです。体力的にとかではなく、精神的にです。

僕は、建設業の現場代理人の補佐として入社したわけですが、毎日夜中の3時ごろまで残業でした。

しかもその残業というのが、やることもないのにただただみんなと一緒にいる。という残業だったのです。

いわゆる゙無駄な残業゛というやつですね。

ではなぜ、自分一人だけ帰らない、いや帰れないのかというと、この会社では、『上司より先に帰るな』という暗黙の了解があったのですね。

それに耐えきれずに一か月で辞めたのです。

そして、一か月働いたお金約16万を手にしたわけですが、一か月後にはすべてなくなり、残ったのは、奨学金と車のローンという借金だけが残ったのです。

しかし、会社という組織の中で働くという気持ちが無かったために、就職活動もせずに、毎日飲み歩いたり、家でゴロゴロしたり、パチンコ屋に行って暇をつぶす。

そんな毎日の始まりです。

もちろんすべて、親のお金や、こずかい稼ぎで得たお金で毎日を過ごしていたのですが、あることがきっかけで、この生活から脱却することを、目指しました。

そのあることとは、このブログでは詳しくお伝えすることは出来ませんが、僕の親戚に高貴的な存在の方がおり、その人に発破をかけられたわけですね。

そこで、改めて就職活動を再開したのですが、なかなか見つからずに約一年という期間を無職の状態で過ごすことになります。

しかし、そういう状況の中でも、僕には自分なりの目標があったので、毎日を楽しく過ごすことが出来ていました。

その目標というのが、就職して、毎月の給料の半分以上を投資に回して運用する。そのために就職活動にも意欲的に取り組むことが出来たわけです。

少し話が脱線しますが、

では、なぜ投資なのかというと、時間を無駄にせずに、お金を増やすことが出来るからです。もちろん損をすることもありますが、それは勉強代になるわけです。

会社で、無駄な残業や仕事中に世間話をするくらいなら、投資やビジネスの勉強をした方がはるかに有利なのです。その方がはるかに効率が良いのです。効率的にお金を稼げるわけです。

この、投資とビジネスという考えにいきついたのは、幼いころから思っていた、家族を楽にさせてあげたいという気持ちからです。僕にとっては、そのための投資とビジネスなのですね。

※しかし、実際に投資やビジネスを始めていくうちにこの初心の気持ちを忘れていきます。これは、後ほど話します。※

話を戻します。

仕事の内容とかは、どうでも良かったのです。僕は運よく建設系の資格を多数持っているので、建設業に絞ったわけですが、はっきり言うと、仕事はどうでも良かったのです。

目標はあくまでも、投資をする。

これ一本でした。

そしてまた、運よく就職できるわけですが、またしても、無駄な残業をしていくのです。


給料の半分以上を投資に回す=バカ?

 

そして、無事?に就職できるわけですが、あくまでも三年しかやらない。と心に決めていました。そして自分の目標通り、投資の勉強をしながらサラリーマンをしていくのですが、まずうまくいきません。

時には、数十秒で全資金を失う事もあれば、一か月ほどで資金が10倍にまで膨れ上がったりもしました。しかし、すべて無くしましたが。。

そんな生活を二年ほど続けていた時に、ふと思ったわけです。

本当にふと思ったのです。

『このままではいけない』

 

当時、自分で現場を三件ほど掛け持ちしていた僕は、時間を作れたとしても、遊びに行ったり、時間が無ければ『仕事が忙しい』という具合に、投資に対して真面目に向き合っていくことが出来ていませんでした。

というのは、ただの言い訳で、本当は、投資することに対して臆病になっていたのです。

二年も続けて、まったく結果が出なかったわけですから、恐くなるのも当然なのです。が、しかし、この生活から抜け出さなければいけないのに、その生活に慣れてしまっている部分もあったのですね。

投資とビジネスの事を忘れ、その二つをやる理由すらすっかり忘れていたのです。

そして、現場が落ち着いたころ、現場を職人さんにすべて任せて、一か月ほど毎日海に行き釣りをしたり、素潜りをしたりして遊んでいました。

そんな毎日の中で思ったのは、何にも縛られずに、自由に生きるっていうのは本当に素晴らしい。という事でした。

実際には、正社員として働いていましたが、その時に、自由になる時間というものは、物凄く大切という事に気付かされたわけですね。

そんな中で、給料が全く上がっていない現状・時間は作れるが、なにかに縛られている現状。そんなことにも気づき、『会社という組織にいては、やっぱり大きく稼ぐこと・自分の自由な時間を作ることは出来ない=裕福にはなれない』と思ったのです。

そこから、また一から投資を始めますが、相変わらずの惨敗続き。

なぜなら、僕は環境を変えない限りは変わらない奴なのですね。

地元で生活をしているとどうしても、世間のしがらみというものが出てきてしまい、何か新しいことを自分一人で行動しようとすると、躊躇してしまうのです。

僕はこういう奴なので、一度地元を離れることにしました。この時、24歳。

そこで、思いついたのが、県外で派遣として働くという事。

期間従業員と言ったりしますが、給料は地元の倍。ボーナス50万。土日休み。大型連休あり。残業は一日1時間ほど。サービス残業なし。

僕にとっては、物凄く、ありがたい待遇でした。

時間もあり、給料も高い。

という事は、投資の勉強をみっちりできるわけです。

そこで、会社を3年で辞め、すぐに県外へと移り、投資を始めたのですが、もちろんここでも勝てません。相変わらずの連敗続き。

しかし、正社員で働いていたころよりも、時間というものは大分あります。しかも周りには、誰も知り合い・友達もいません。

そういう環境もあってか、物凄く勉強に集中できたわけですが、その勉強法とは、これから記事にしていくので、興味がある方は是非読んでみてください。
※このブログは投資をすすめているブログではありません。僕の経験を記事にしているだけです。投資をやる際は自己責任で。※

そんな感じで、お金を貯めながらゆっくりゆっくり、勉強をしていったのですが、2年目にしてやっと思うような利益が出ました。

僕にとっては投資で出した初めての利益なので今でもその時の資料は大切に持っています。

 

この時は、自分がやってきたことが報われた。

やっぱり間違いではない!

と確信したし、物凄くうれしかったのを今でも覚えています。

この原点を忘れないために、この画像を載せています。


そして、この結果は誰かに教えてもらったからとかではなく、すべて独学でできたので、投資は、誰かに教えてもらうものでなく、独学の方がうまくいく。

ということを相場から教えてもらいました。

そして、相場は、常に変化しているものなので、この時の取引の仕方と、僕の今現在の取引の仕方は、まったく違います。90度違います。180度ではありません。例えば、取引スタイルが100とするなら50は基本。そして基本は基本として残し、後の50は、すべてオリジナル。

これは別に、投資に限った話ではないのではないでしょうか?

他のビジネスにも言える事だと思いますが、基本的なことを教えてもらえれば、後は、独学でもいいのではないのかなと思います。

時代の流れに合わせて、臨機応変に対応するという事ですね。


そこで、期間従業員を3年働いて、地元へ帰るわけですが、またすぐに、県外へと行きます。

では、その期間何をしていたかというと、僕は、この投資の理論でパチンコをやることにしたのです。

その結果、年間で80万程の利益が出ましたが、すべて、税金で消えていきます。

パチンコに対しての自信はあったのですが、一年後にはパチンコに規制が入るという事だったので、不安が頭をよぎりました。

投資とパチンコ生活というのは、あまりにも、リスクが大きいのではないかと思うようになったわけです。

そこで目を付けたのが、ネットビジネスでした。

しかし、まったくの初心者なので、何から手を付けたらよいのかわからず、悩む日々が続きました。

どうして悩んでいたかというと、それは、ネットビジネスでは、過去何度も失敗していたからです。

僕が最初に、アフィリエイトを始めたのは、19歳の頃でした。

その頃、ガラケーでもアフィリエイトが出来たので挑戦してみたのですが、これは2週間で辞めました。

理由は単純で、楽に稼げると思っていたからです。

そういうことなので利益がすぐに出ないアフィリエイトは諦めたのです。

当時は、アフィリエイトもそこまで有名ではなく、有利なのかもしれない。そう思ったし、しかも楽に稼げるよ見たいな広告の罠にすっかりハマったのです。

その当時は、詐欺まがいの広告が多すぎたのです。

今現在はそのようなことはありませんが、当時はひど過ぎでした。笑

もちろんお金は払っていませんが、1日に200件以上の迷惑メールが来ていたと記憶しています。

そういう事もあってか、ネットビジネスに対しては、物凄く不安でいっぱいだったのですね。

しかし、投資の他に何かビジネスを始めたいと思ったら、やはり、ネットしかなかったわけです。

そうして、2度目の県外へと行くわけです。

うぬぼれのパチンコ野郎とネットビジネス

 

こうして2度目の県外での仕事に就くわけですが、今回の目的は、ネットビジネスの基本を学ぶ。

これが大前提なので投資は、お休みすることにしたのです。

ここから二年ほど投資は休み、ネットビジネス一本に絞ったわけです。

パチンコはというと規制が入り、勝てなくなったので辞めました。(付き合いで行く程度になったと言った方が妥当でしょう。)

さて、肝心のネットビジネスはというと、まずは師匠探しから始めました。

なんせ、何もわからないので、とりあえず、いろいろな方々の無料講座を受けてみたわけです。そこで、いろいろ教えてもらったわけですが、これがまた大変なのです。

やっぱり、簡単に稼げるという聖杯はこの世には存在しないのでしょう。

この日から、毎日睡眠が2時間~3時間の生活が続きます。

最初は、師匠の言ってる意味が分からず???でしたが、一つづつゆっくりゆっくりやっていくうちに、人の心理学や行動、惹きつける文章構成の書き方など、いろいろ、教わっていくうちに、次第に面白くなっていったし、『あれ?これ何かに似てるな?とか、どこかで習ったぞ?』といった事が多々あったのです。


さて、ここまでくるのに、サーバー代・ドメイン代・有料ブログ・教材・ステップメール代すべて合わせて、約25万程で、このブログを作ることが出来ました。

これを見ている皆さんは、この金額が安いと思うか高いと思うか。人それぞれでしょう。

しかし、よく考えてみると25万~30万あれば、自分一人で独立できるという事実が実際にはあるのですね。しかも、パソコン一台あれば、世界中どこにいても好きな時間に好きな場所で自分一人で出来るのです。

こう考えると、僕は物凄く安いと思います。

 

スーパー挫折妄想紀

 

そして、記事数も増え、閲覧してくれる人が多くなってきた中でも、実際には、利益には結びつかなかったのです。

Twitterなどで、フォローしてくれている人たちはみな、順調に言っている様子でしたが、僕に限っては、利益には結びついてくれません。

なぜだろう?

そう考える日が続き、次第に、億劫になってきたのです。

皆はうまくいっているのに、なぜ僕はうまくいかないのだろう?

毎日毎日考えた結果、あることに気付いたわけです。

それが、『人の物まねばかりしているから』でした。

これに気づかせてくれたのが、投資だったのです。

この時の僕は、ネットビジネスは放置して、久しぶりに投資の方に気が向いていたわけですね。

久しぶりにやったのですが、手法は昔やってた時のやり方です。もちろん負け続けたので、『これはだめだ』と思い、もういちど、手法を徹底的に検証したのです。

すると、いろいろなことが見えてきて、ここからオリジナルの手法を構築していったのです。

するとどうでしょう、やはりうまくいくのですね。オリジナルは強いという事を再認識させられたし、ネットでうまくいかなかった理由もここにあるのだと思い、これまで書き上げてきた財産(記事)をすべて処分したのです。

全て、一から。ではなく、すべてゼロからです。

ぼくは、なぜ、このような過ちを犯したのでしょうか?

まず、

周りと同じようにしておけば良いのだろう。

そう思っていたのですね。

この言葉は僕が一番嫌いな言葉で、よく他人に対して、『人と同じようなことしちゃ稼げない』など偉そうなことを言っていましたが、しかし、実際には自分でそこをしてしまっているのです。

他人には的確にアドバイスが出来ても、私事になると、行動が出来ない。

このことを、『ソロモンのパラドックス』と言います。

どういう事かというと、大昔に、ソロモン王という方がいたのは知っている方もいると思います。

ソロモン王は、物凄く深い知識があり、隣国の王たちにも的確にアドバイスをしていました。

しかし、ソロモン王は、実際には私事になると他人に対して言ったことが、自分は出来ていなかったと言われています。

このことを、 『ソロモンのパラドックス』と呼ばれています。

誰でもそういう経験はあると思いますが、僕の場合は、それを生業にしようとしているので、さらにタチが悪かったのです。

 

再始動。ゆっくりゆっくりやってゆく。

 

こうして、すべてを捨てて、今に至るわけです。

他人に惑わされすぎず、焦らずにゆっくりゆっくりやっていこうというのがこのブログです。週に一回。何かあれば二回になるかもしれませんが、よろしくお願いします。