みんな本当は自由に生きたいと思っている

 

 

このページを見つけたあなたは

『会社なんて辞めて自分の思うままに生きたい』

そう思っているのではないでしょうか?

 

僕も正社員で働いていたころ、毎日毎日『自分で稼いで自由になりたい』そう思っていました。

 

もしかしたら、あなたが本気で『自由に生きたい』と思っているなら、このブログは役に立つと思います。

 

僕はサラリーマン時代に毎日『自由になりたい。好きなことを毎日したい』そう思っていました。

そして、それを目標にして行動した結果今があります。

詳しくはプロフィール

 

もちろん、自分のビジネスの事で悩むことはあるのですが、会社で働いて悩むよりはマシと言えます。

会社で働き、人間関係に悩み・仕事の事で悩み・お金で悩み・自分の時間のことで悩むということに何か意味などあったでしょうか。

 

僕は無かったと断言できます。

 

そういったことから『会社を辞めて自由に生きたい』と悩むのは、間違いなく前向きな悩みと言えますね。

なぜなら、自由に生きたいと願うのは人として当たり前だからです。

 

好きな人とだけ顔を合わせ

好きなことをして楽しみ

好きな時に眠って

好きな時に起きて

ここに行ってみたいと思えばすぐ行ける。

 

誰でもこんな自由を心の中では求めていますね。

 

その自分の理想を追い求めるにはいくつかのステップがあります。

 

それを今回はお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

・会社を辞めてみる

 

 

いきなりこんなこと言うと

『それじゃ食っていけないじゃねーか』

と思われてしまうかもしれませんね。

僕もその通りだと思います。

 

しかし、自由に生きるにはイヤイヤやっていることを今すぐ辞める必要があります。

 

よくよく考えてみると、会社で働いて良い思いをすることって、給料だけと思いませんか?

だから世の中に人は、給料日が待ち遠しくなるのかなと思っています。

 

会社の人間関係・無駄な残業・変な世間体

 

これらすべていらないことですよね。

しかもイヤイヤ周りに合わせていることもあるでしょう。

 

なら、まずはそれらを捨てるべきではないでしょうか。

それが第一歩です。

 

あなたの目標は

 

好きな人とだけ顔を合わせ

自分の時間を確保し

世間体を気にせずに生きていきたい

 

つまり、自由に生きる

 

そう思っているなら、今ある無駄な会社の人間関係・無駄な残業・変な世間体から今のうちに手を打って良いと言えます。

 

僕は会社で働いているとき、会社の飲み会・変な噂話・変な世間体などすべて無視していました。

僕の目標は、『社会に縛られずに自由に生きる』ので社会や会社の変な暗黙の了解は一切無視です。

 

もちろん、『あいつは変わり者』と思われていましたが、そんなことどうでも良いのです。

 

一生会社で馬車馬のように尻を鞭で叩かれて働き毎日泣くような生活に終止符を打つためには

会社の人間関係・無駄な残業・変な世間体

から逃げなくてはいけない。

 

つまり、理想の自分へ進むための練習でもあるわけです。

 

それが出来たら、会社なんてとっとと辞めてよいと言えますね。

 

 

・一人の時間を大切にする

 

 

『みんなとワイワイやっているとなんか良い』

誰でもそう思ったことはあるはずです。

僕も10代の頃はその考えでした。

 

周りと同じことをしたり、友達といる時間がこの世で一番大切と考えていたのかもしれません。

 

しかし、心の中ではいつも

『なんか違うな』

そう思っていたのです。

 

周りに流されるままに社会に出てみると

『他人に合わせても何の価値もない』

そう気づかされるものですね。

 

しかし心の中ではそう思いつつも、幼いころから根付いている

ぼっち=寂しい奴

と思われたくないから、無理して周りとワイワイやっている人もいます。

 

そうすることで、自分の個性というものが無くなり、つねに他人軸で生きてしまいがちですよね。

 

僕はそれを、自分の人生を無駄にしているなと見ています。

 

そもそも人間関係とは、対人関係である前に自分自身との関係です。

なぜなら、自分を表現できて初めて他人と触れ合えるものです。

他人に合わせるとは、コミュニケーション能力が高そうに見えますが、実は違うと言えますね。

 

どうしてかというと、自分を表現できずに他人に合わせているからです。

その理由は『人に嫌われたくない・みんなから好かれたい』

そう思っているわけです。

 

自分を表現できるということは、自分自身を知り、いいところも悪いところもすべて受け入れるということです。

具体的にいうと、自分の好きな所・嫌いな所・どんなことを望んでいて・どんな考え方があるのかを知るという事ではないでしょうか。

 

それを知るためには、一人の時間は大切なわけです。

ひとりは寂しい時間=ぼっち

ではないのですね。

 

自分と対話ができれば、ひとりの時間というのは、とても充実した楽しい時間になるし、いろいろな発見を見つけることもできます。

 

ぼっちでいる人は幸せ者です。

 

 

スポンサーリンク

・勇気を持つ

 

 

学生の頃は、学校で勉強することが仕事と言われていますが、大人になると仕事をしているから勉強しないという人が多いですね。

 

しかし、経済的・時間的・精神的に自由になるにはまず勉強しないといけないと言えます。

 

それは、本を読んだり、セミナーに通ってみたり。

そして、そこで学んだことを行動してみる。

 

これが大人の勉強なのではないでしょうか。

新しいことへチャレンジしてみるという事です。

 

新しいことを始める際、誰でも怖いものですね。

『失敗したらどうしよう』

つねにこの考えが頭をよぎります。

 

しかし、一歩を踏み出さなければ現状を変えることは不可能なわけです。

 

一生会社で馬車馬のように尻を鞭で叩かれて働き毎日泣くような生活

そういった生活から逃げることが不可能になります。

 

僕は何かを始める際、勇気はとっても大切と毎日思っています。

 

今の時代は、PCがあれば自分一人でもビジネスが出来る時代です。

『自由に生きたい』

 

そう思うのであれば、一度無料メール講座を受けてみるのも良いのではないでしょうか。

もちろん一発で解除できます。

自由に生きるための無料メール講座