年金問題のおかげで目を覚ます人が増えています

 

 

老後は2000万の貯蓄が必要である

 

というのは、誰でも知っている話かもしれません。

 

さらに、老後は

 

実は1500万~3000万必要である

 

という、お話も出てきています。

もう何が何だかわかりませんね。

それに加えて、『年金に頼らず、老後資金は自分で資産運用して捻出してね』と。

 

そういうことなので、僕は『自分で稼ぐ』という事の大切さを再認識しました。

 

 

スポンサーリンク

・将来の事は誰も予想できない

 

 

先ほども言いましたように、老後に必要な貯蓄額は、1500万円かもしれないし、2000万円かもしれない。

いや、3000万円かもしれないそうです。

 

数字だけ見ると、『そんなんムリだろ』と思えてきますが、よく考えてみると、あることがわかってきます。

 

『1500万や2000万・3000万が必要だ』というのだけれども、実際いくら必要なのか?

実は、『国もわからない』という事です。

 

これは、当たり前の話ですが、誰も将来のことなど予想できるものではありませんね。

国という大きな組織でも、それは言える事ではないでしょうか。

 

なので、1500万や2000万・3000万が必要と、あーでもない、こーでもないとなるわけです。

これは、しょうがないことなのかもしれませんね。

 

はっきり言えることは、『将来の事は誰にも分らない』という事です。

 

これまでは、良い会社で働き、良い給料を貰い、良い家に住み、65歳までに家のローンを払い終え、老後は年金暮らし。

 

という、敷かれたレールが存在していたように思いますが、実はそれすらもよくわからないという事です。

なぜなら、誰も将来を予測することは出来ないからです。

 

そういったわからないことを、いつまでも妄信するというのは、時間の無駄と言えるのかもしれませんね。

どうせわからないのであれば、今のうちに自分と家族を守るために、今の仕事をしつつ、他にやるべきことがあるのかもしれません。

 

それが、資産運用や副業。

つまり、国がおススメしている積立NISAやiDeCo、または、自分のアイデアを商品にして売るという事ですね。

 

そう考えると、とても良い世の中になったと思いませんか?

会社で働きながら、資産運用しつつ、自分のビジネスを作っていく。

 

成功すれば、会社の煩わしい人間関係にも終止符が打たれ、経済的・時間的にも余裕が生まれるし、自分の好きな人とだけ付き合えると、僕は確信しています。

 

 

・年金はおじいちゃんおばあちゃんを助けるもの

 

 

年金は払えないかもしれないから、老後の資金は今のうちに資産運用をしてそこから捻出する。

 

じゃあ、今払っている年金は、戻ってはこないのか?

と考えている人も多いと思います。

 

これは、実際にちゃんとしたデータが取れているので、今の若い世代20代~40代前半の人は確実に払い損になります。

 

詳しくは、こちら

老後のために今からやるべきことと、相場予想2019/6/9

 

年金は、きっぱり諦めて、他の事で老後を守っていく方が良いのでしょう。

『諦めたくない』

そんな声も聞こえてきますが、これはしょうがありませんね。

日本に住んでいる以上、払わなくてはいけません。

 

よくよく考えると、おじいちゃんおばあちゃんを助けているので、ボランティア活動と思って割り切るしかなさそうです。

 

そうです。

年金は慈善活動の一環なのです。

慈善団体に毎月お金を募金していると考えるわけです。

『そんなことしたくない』

と思われましたか。

 

実は、世界でも有数のお金持ちはみな貧しいころから、慈善活動をしているのをご存知でしょうか。

 

世界有数のお金持ちのほとんどは、ユダヤ人と言われています。

ユダヤ人たちは、収入の1割を寄付するという、考えがあるのですが、その理由は、『お金を回せば回すほど収入が増える』という考えなのです。

寄付をすると、目の前で確認することはほとんどないですが、喜んでくれる人が必ずいます。

そして、寄付した自分も嬉しいですよね。寄付すれば、必ず喜んでくれる人がいるので。

 

寄付というのは、人の役に立つことをしているわけです。

簡単に人の役に立てるのは寄付ですね。しかも誰でもできる。

 

人の役に立つことを大切にしているからこそ、お金持ちになることが出来るわけです。

 

どういう事かというと、人の役に立つことを提供できるので、その対価としてお金を頂いているわけです。

 

寄付をすることで、誰かが喜んでくれている。

そういう大切さを、身をもって感じることが出来るからこそ、ユダヤの人は、人の役に立つ人が多く、そのためお金持ちが多いという事です。

 

年金は寄付。日本のおじいちゃん・おばあちゃんがそのおかげで助かっている。

と考えることが出来れば、仕事でも常に『人を喜ばせる』という考えが出来るのではないでしょうか。

 

そう考えると、年金問題に対して、『ありがとう』と思えますね。

 

 

スポンサーリンク

・早速実践してみますか?

 

 

このブログでは、副業をしたい人のために、無料でメール講座を行っています。

その種類とは、ネットビジネスです。よく言うアフィリエイトという奴です。

 

どうして、アフィリエイトなのかというと、低資金ででき、それが資産にもつながるからです。

 

会社で働き、資産運用をするのも良いと言えますが、『人に喜んでもらえる』商品を作り、それを資産と考え、提供する。

気になる方は一度覗かれてみてくださいね。

 

ネットビジネスが資産になる意味を知る無料メール講座