付き合う人を選ぶという事は人を大切に想っている証

 

 

『友達や知り合いがいっぱいほしい』

 

なぜなら、友人がたくさんいることで遊び相手や飲み相手になってくれる。もちろん悩みだって聞いてくれる。

しかも、一緒にビジネスもできるかもしれない。

そういう風に思い、友人をなるべく多く作ろうと努力している人は多いのではないでしょうか。

僕は、そんなことが20代前半まであったような気がします。

 

しかし、これって大きな間違いと思いませんか。

結局、自分の欲望を満たしたいという欲求から他人を求めているわけですね。

自分の欲望を満たしたいから、他人に依存をする。

僕は若い時、そんなつまらん奴だったな。と最近考えることが出来ました。

 

 

スポンサーリンク

・友達がたくさんいることは喜ばしいことではない

 

 

 

『友達が多い人は人気者』

というのが世間一般的な考え方ですね。

 

しかし、『友達が多い人は人気者』と考えていると、

『僕はあの人より友達が少ない。という事は人気ではない。人気者ではない自分は価値が無い。』

と知らず知らずのうちにそう考えてしまうものですね。

結果、価値のある自分になりたくて友達をたくさん作ろうとするわけです。

 

逆に言えば

『僕はあの人より友達が多い。という事はあの人よりも人気者。だから僕は価値がある』

このように、知らず知らずのうちにそう考えている人もいるわけです。

こういった経験はあなたも必ずあるはずです。

僕はあります。

 

しかし、これは人を見下している行為ですね。

どういう事かというと、本来、人と人の付き合いは、友達の多い少ないで決まるものでもないし、それによって価値が決まることもないわけです。

友達が多いから価値が上がるとか、少ないから下がるといった発想は、人をモノとして見ているという事です。

明らかに見下していますね。

SNSでも同じことが言えます。

 

こういったことからもわかる通り、『友達が多い人は人気者』と考えること自体がおかしい話になるのです。

 

 

・付き合う人を選ぶと叩かれる

 

 

 

付き合う人を選ぶという事は、自分をもっと成長させたいと願う人として当たり前のことです。

しかし、自分の考え方や『こういう風になりたい』という考え方を明らかにして生きれば生きるほど、『友人が減る』といった事が起こりますね。

 

そういったときに、他人から『お前は変わっている』といった言葉を投げかけられるものです。

そういわれて、『変わっているのかな?・・』

と、気になってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、迷惑を掛けていないのであれば、気にすることは無いと言えますね。

なぜかというと、『自分を成長させたい』という、人として当たり前のことに集中しているからです。

 

真剣に人や仕事・副業・ビジネスに向き合い、至らないところは反省し改善する。

この姿勢を続けていれば、人の評価なんてどうでもよいことなのです。

 

 

スポンサーリンク

・『お前は変わっている』という人の心理

 

 

 

『お前は変わっている』という言葉を投げかけてくる人というのは結構、やっかみが強かったりします。

妬みや嫉妬が強いという事です。

逆に他人を見下すために『お前は変わっている』という人もいますね。

いずれにしろ、良い言葉ではありませんね。

 

他人の成功を見て、嫌な気持ちになったり、『嫌なことを言ってやろう』と考えたりする人を妬みや嫉妬が強い人といいます。

なぜ、他人の成功を見て嫌な気持ちになるのかというと、自分の立場が無くなると勘違いをしてしまうのです。

集団に属している人(会社)の中にはこういった人が多くみられますね。

 

例えば、同僚の出世を見て、自分と比べて『自分は劣っているのだ』と悲観に走り、嫌な気持ちになったり。

後輩の仕事ぶりが評価されると、『こいつの嫌な所を見つけてやろう』と足を引っ張ろうとしたり。

これはすべて、自分の立場を守るために行っている行為です。

 

集団の中に属しているのに、自分だけが置いていかれるような孤独感。

その孤独感を無くすために、他人の足を引っ張ったり、嫌なことを言ったりするというわけですね。

これはよくあることで、エスカレートすると友人に対しても、こういった行為をするようになります。

 

 

・付き合う人を選ぶのは当たり前

 

 

あなたがもし向上心が高く、自分の理想があるのなら、親しく付き合う人は必ず選ぶべきです。

人は環境に大きく左右される生き物です。

あなたの周りに、集団に属するような考え方を持っている人がいるとしたら要注意と考えても良いと言えます。

 

どういう事かというと、集団に属する考え方というのを先ほどお伝えしました。

妬みや嫉妬が強い。

そのため相手を困らせようと努力することしかできない。

そんな人間が周りにいたら、あなたの成長を阻んでしまう可能性もあるというわけです。

そういったことからも、あなたがいちいち相手にしなくともよい存在なのです。

 

そしてこれが思いやりでもありますね。

この人もいろいろと大変なのだな』と考えるわけです。

妬み・ひがみ・嫉妬の強い人も、集団の中で一生懸命に戦っているのですね。

遠くから見守ってあげることも大事なのではないでしょうか。

 

あなたの目標は、自分の理想を実現させること。

これに集中することで良い結果物が得られるのと言えます。

 

追記

もし仮にあなたが『今の現状を打破したい』そう強く望んでいるなら、良い方法があります。

それが自分でビジネスを始めることです。

PC一つあれば簡単に始められます。

しかし、利益が出るまでは、一人でブラック企業並みの労働をすることになります。

 

会社で40年間夜遅くまで働くか

あるいは、現状をぶっ壊し、ちょっとの期間一人でブラック企業並みに働いて、いずれは労働というものを無くす生活を手にするか。

あなた次第で世界がすべて変わります。

 

人脈がなくともビジネスが出来る無料メール講座+特典付き(今だけ)