就職がすべてでは無いですよ。就活で悩んでいる人へ

 

 

正直いうと、ほとんどの人は『働きたくない』と思っています。

ぼくは昔からそう思っていますし、あなたもそう思わないでしょうか?

 

 

 

『会社で働きたくない』

それは、社会人一年生でもそう思うはずだし、会社で勤めて数十年経つ人でも思うはずです。

 

安定と言われている公務員ですら『働きたくない』と考えている人がいるわけなので、しょうがないことなのかもしれませんね。

 

 

 

就活している人でも、ハッキリ言うと会社で働きたくないと考えている人の数はかなり多いのではないでしょうか。

 

『会社で働きたくないけど、みんな就職するし自分もしないといけない』

『会社で働きたくは無いけど将来の事を考えると・・・』

 

 

結論から言うと、会社で働くという事は一つの選択肢にすぎません。

他にも選択肢はいっぱいあるわけで、会社で働く事しか選択肢がない。

本当のこと言うと、そんなことではないんですよ。

 

 

それは、あなたの周りにいる人だってそう思っているはずです。

 

 

 

スポンサーリンク

・僕たちは就職するための教育を受けてきた

 

 

就職することが全てではないと聞いても、意味が分からず頭が真っ白になるかも知れませんね。

それも仕方のないことなのです。

 

 

なぜなら、ほとんどすべての人が親や学校教師から『良い学校に行って良い会社に就職することこそが正解である』という風に教えこまれますよね。

 

・良い会社に就職して

・良い給料を貰い

・ローンで良い車に乗り

・ローンで良い家に住み

・老後は退職金を貰って優雅に過ごす

 

こういった生き方こそが幸せである。

そのように教え込まれてきたと言えます。

 

 

 

そのためには、『学校で勉強して良い成績を取ればいいんだよ』と言われることもあるわけですね。

こういったことは僕だけでなく、あなたも経験があるのではないでしょうか。

 

 

このように、親や教師というのは就職することが全てというように教えるわけですが、実は親や教師も『就職が全てではない』ということを身に染みてわかっているものですね。

なぜ就職しか道が無いような言い方をするのか?というと、ある意味優しさなのかもしれません。

 

 

自分の子供や生徒には、苦しい人生やツラい出来事をなるべくさせたくはないという気持ちから、サラリーマンという平凡な人生を選ばせているという事です。

 

 

 

しかし、当たり前の事ですが自分の人生は自分で決めるものです。

 

 

 

日本にはこの『自立心』というモノを養う教育が無く、同調性という変なものしか教えません。

 

同調性という落とし穴【危険】

 

 

 

そのために、『周りと同じことをすることが美学』という意味の無いことをいまだに崇拝している人が多く、周りの子供にもそれを得意げに押し付けてしまうのですね。

 

 

他人の考えに惑わされること無く、後悔しない自分だけの素晴らしい人生を歩みたいものです。

 

 

 

・よくよく考えてみると色んな生き方がある

 

 

そもそもの話ですが、いい会社に入ったからといって本当に『安定・幸せ』が手に入るのでしょうか?

 

 

良い会社に入ったからと言っても、残業が多かったり・人間関係が最悪なら安定や幸せを送っていると言えないのではないですか?

 

 

いくら、求人誌が『良い会社』をうたっていてもハローワークの人が『良い会社』と豪語しても実際に就職してみないとわからないはずです。

就職してみて最悪な場所なら、これほど迷惑なことは無いと言えます。

 

 

結局、良い会社と言われていても実際に働いてみないと何もわからないですね。

 

 

そもそも、会社で働くということ自体が向いてない人もいるわけです。

ぼくはそういう人間ですが、会社員として生きていかなくても、個人事業主などとしても生きていけます。

 

 

沖縄の西表島にある無人島には一人で生活している日本人もいます。

驚愕事実!沖縄の無人島に素っ裸で自然と共存する男

 

 

 

他にも世界一周しながらブログで稼いでいる人や動画で稼いでいる人。

Amazonやメルカリの転売で稼いでいる人。

自分で絵をかいて値段をつけて売っている人もいますし、写真を撮って大手企業に売ることだってできます。

これらはすべてネットがあればできます。

 

 

 

スポンサーリンク

・ネットがあればだれでもお金を稼ぐことが出来る

 

 

 

今は若い人が何千万何億という年収を手にしてしまう時代ですね。

そういった人すべてが、就職なんてしていません。

 

 

 

就職していないのに、サラリーマンをしている自分よりも彼らの方が幸せそうなのは、実は今まで教え込まれてきた『就職こそが全て』という考えが間違っていたという事ですね。

 

 

これまでの考え方は、裕福になれる人というのは一部の人たちだけでしたが、いまは誰でも裕福になることが出来るし、年齢も関係ありません。

その理由はインターネットが普及したからです。

 

 

 

そのインターネットビジネスの中でも、低資金で始めることが出来るのがアフィリエイトというモノです。

しかも一度仕組みを作ってしまえばあとはコツコツ記事を書いていくだけで、会社員の給料よりも稼げる可能性が極めて高いビジネスです。

 

 

 

もちろん『簡単に稼げる』わけはありません。

しかし、一度仕組みさえ作ってしまえば、息の長いビジネスになります。

一発屋では終わらないという事です。

 

せっかく就職というモノから抜け出して自分で稼げるようになったのに、一発屋で終わってしまっては意味がありませんね。

 

 

 

このブログでは、一発屋では終わらないような仕組み作りの基本をメール講座として配信しているのですが、興味があれば一度参加されてみるのも良いと思います。

 

 

アフィリエイトを学んでみる