30代 夢を殺す人(ドリームキラー)の見分け方と夢を応援する人(ドリームサポーター)の見分け方

 

夢を語るのは個人の自由ですし、僕はそういう人たちを物凄く応援したいです。

なぜなら僕自身、目標というものがあるので、その方たちの応援をしたくなるのですね。

だがしかし残念なことに、この世の中には夢を語ると癇に障る人間がいるのも事実です。

出来ればそのような方とはお付き合いをしたくありませんが、家族だとなかなかそうはいきません。ではどうしたら良いのか?

 

今日はそんな人の夢を壊す人(ドリームキラー)人の夢を応援する人(ドリームサポーター)の見分け方についてお話していきます。

 

夢を壊す人(ドリームキラー)の特徴

 

 

 あなたの周りにはこういう方はいるのではないでしょうか?

例えば、誰か周りの人(家族・友人・親戚)に『僕はこういう夢を持っているんだよ!』と言ったときに、『お前が出来るわけないだろ』とか、『そんなものを見ないで現実を考えて』といった具合に否定する行為、そういう人が当てはまります。

 

そして、このドリームキラーには2種類あるそうで、一つは悪意のドリームキラー。

これは、夢のあるあなたの事を批判するタイプの人です。

『私はこんな目標があります!』というと、『お前には無理』といったり、または、あなたが夢の途中で失敗などをしたときに『ほら見ろだからお前はできないんだよ!』と失敗するのを見計らって攻撃する人もいます。

 

『失敗したらもう一回やり直せばいいじゃないか』と言った方が、建設的でお互いに良い気持ちになれると思いませんか?僕はそう思います。

 

そして、この悪意のドリームキラー。こういった人たちは、内面ではあなたの事をライバル視していることが多いのです。

すなわち、嫉妬しているのです。

あなたの事をライバルと思っているので、いつもあなたが失敗するのを今か今かと阿保みたいに待っているのです。

こういう方は、きっぱりと見切りをつけた方が良いと言えますね。

夢を語るような相手ではないという事です。

 

 

そして、逆に善意のドリームキラーも存在しています。

どのようなことを言われるかというと、

例えば、学校の先生に『私はこういう学校に行きたいです!』というと、過去のベースや統計などを踏まえて、『君の偏差値からだとムリだよ。』とか、あるいは、『投資で成功したい!』というと、『全体の5パーセントの人しか稼げないから無理だよ』や、『数学が出来ないと投資は無理だよ』といったように、一見すると、あなたのことを心配しているように聞こえますが、実はそうではないのです。

 

よく考えるとわかる話ですが、統計というものはあくまで統計であって、その統計の中に、あなたは含まれていないので、正しい答えではないのです。

 

そして、このドリームキラーというのは、自分の居心地が悪くなると、相手を下げよう下げようと必死する傾向にあります。

なぜこのようなことをするのかというと、人間というのは、『今の現状を変えたくない』という恒常性維持機能が働きます(ホメオスタシス)

つまり、現状を変えようと努力している人を見ると、自分の『今の現状を変えたくない』という機能が発動して、物凄く居心地が悪くなるのですね。

そこで、自分の現状を守りたい、あるいは否定されたくないがために、相手に対して、『君には無理だよ』『出来るわけがない』『ほら見ろ失敗した』『頭が悪いから無理なんだよ』と攻撃してくるのです。

ドリームキラーは、周りにいる親しい人たちがなりやすいと言われています。

家族や親せき、友人、学校の先生などです。

なぜそのような人たちがなりやすいのか?

普通に考えると、そういう人たちは、ドリームキラーにはなりそうにありませんが、そういう人たちは、昔から知っているのである日あなたが、『私はこうなりたい!』というと、自分の環境が壊されるかもしれないと考えるため、その今の現状を壊されたくないから、逆にドリームキラーになってしまうのです。

 

もし、自分が当てはまっているなと思った方は注意したほうが良いと思います。ドリームキラーは、人間関係をめちゃくちゃにする厄介者なのであなたはドリームキラーにならないようにしてくださいね。

 

人は誰でも夢があります。なので、一緒に夢を語れる人が身近にいるとやる気も出るものです。

何度も言いますが、 

『失敗したらもう一回やり直せばいいじゃないか』と言った方が、建設的でお互いに良い気持ちになれると思いませんか?僕はそう思います。

 

人の夢を応援できる人(ドリームサポーター)

 

 では、逆にドリームサポーターとはいったい何なのでしょう?

 

これは、あなたの夢を応援してくれる人。あなたの個性を受け入れて、一緒になって夢を応援してくれる存在ですね。

そして一緒になって、成長していける人たちも必ずいるわけです。

こういう人たちが、どういう人かと言いますと、

 

1.目標や夢がある人。

 

2.過去の出来事や現状で物事を判断しない。

 

3.高いゴールをもっている人。

 

こういった人をドリームサポーターと言います。

 

こういった人たちが良い点は、一緒にいると、自分のゴールも高くなっていくのです。

つまり一緒に成長していけるという事ですね。

ここまで書いてきましたが、皆さんはどちらに当てはまったでしょうか?

 

まぁ、このブログを見てくれているという事は、ドリームサポーターでしょうね。