安全か?安定か?この世には安定も安全もないという真実

 

安定や安全を第一に考え、行動するという事は、人間ならば当たり前のことと言えますね。

どうしてかというと、人間には防衛本能というものが備わっています。

危険を回避する能力ですね。それが本能的に備わっているという事です。

 

人生きるために備わっているもので、赤ちゃんが大声で泣くのも、防衛本能からきているという事です。

 

そういったことから、人間は危険を回避する一つの手段として、『集団でいること』を縄文時代から行ってきています。

集団で協力することで、獲物を効率よくとらえることが出来、ケガをしたとしても他の人がいることで助けてもらえるわけです。

協調性という事ですね。

 

しかし、今の時代は、協調性というよりも『同調性』が重視されていて、生きにくい世の中と言えますね。

詳しくは⇒同調性という落とし穴【危険】

 

安定した職業や、安全な道だけを生きていこうとするのは、本能的なものです。

がしかし、よく考えてみると、それは集団に属することで安心感を得たいという気持ちからきていることがわかりますね。

これを、『集団帰属欲』といい、何かに属していたり、何か集団に属していたり、何かの組織(会社)に属していないと不安だから、集団に属するという事です。

 

しかし、そんな本能的に行動し、安定・安全のために会社に属したり、公務員になって何か意味があるのでしょうか。

僕は無いと断言できます。

なぜなら人間には、ちゃんとよく考えて行動できる思考力というものもあるからです。

これは他の動物にはない、『人間だけに与えられたもの』です。

 

よく考えてみると、安定した職業や安全な人生が無いという事。

そして、自分を磨いていかないとこれからの人生を豊かに過ごすことは出来ない。という事についてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

・そもそも安定した職業って何?

 

 

 

安定した職業ってなに?と思うところもありますが、世間一般的には、以下のようなことが言えるのではないでしょうか。

 

 

・給料が安定している

・大企業(上場企業など)

・有名な会社

・離職率が低い

・福利厚生が良い

 

上記を満たしている会社となると、大企業と言えるでしょう。

そのほかにも、一番安定していると思うのが公務員ですね。

 

では、もっと具体的に安定した職種とは、多分以下のようになると思います。

 

・公務員
・大企業
・お医者・弁護士
・IT関連

 

他にもあるかと思いますが、こういった職種が安定と世間的には見ている事でしょう。

しかしこれから先、AI(人工知能)が普及していくと、今までは人の手で行われていた事が、ロボットさえあれば、24時間ロボット一台で対応できる時代になりますね。

そうなってくると、ある一部の人間を除いては、失業者が多数出てくると思わないでしょうか。

 

会社というのは、実は人間よりもお金を取ります。

 

ロボットが作業を24時間こなしてくれるという事は、人件費削減にもつながりますね。

しかも、24時間ぶっ続けで働いてくれるわけなので、人を雇うよりロボットに仕事をさせた方が、効率が良いのです。

 

という事は、いくら大企業に勤めていたとしても、安定・安全が存在しているわけがないという事です。

しかも、大企業というのは潤沢な資金がありますね。

人工知能がどんなに高かろうが、簡単に導入できるわけです。

そういった意味では中小企業の方が、安定・安全なのかもしれません。

 

 

・約半分の仕事を奪う人工知能

 

 

 

今から約20年後、今ある仕事の約50%が人工知能に取って代わると言われています。

人工知能に取って代わる仕事としては、単純作業を繰り返すようなもの。

例えば、単純なデータを入力するようなものだったり、工場作業員・電話オペレーターなど。

 

逆に仕事を奪われないものとしては、専門性が高いもの。

例えば、デザイナー・スポーツインストラクター・医師・美容師など。

 

詳しくはこちらをご覧ください

野村総合研究所:人工知能について

 

こういったように、約半分の仕事が人工知能によって無くなるという研究結果もあるのですね。

これは無視できない真実と言えるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

・実は安定などこの世に存在しない

 

 

これまでは、良い会社で働き・良い給料を貰い・・・と散々叩き込まれて、『会社で働けば、将来は安泰だ』と誰もが思ってきたと言えます。

 

しかし、その神話は、ネットが普及したことにより崩壊し、次はAIの普及で完全にこの世から無くなるという事実が目の前にあるのです。

 

会社に属するというのは、自分の身を会社に捧げるという事です。

よく『会社に骨をうずめることはできるのか』とか言いますね。僕は昔言われました。

 

今の時代いまだに、『安定している会社に就職し、良い給料を貰い、銀行の信頼を得て、高い車や高い家のローンを組み、定年までローンを払い続けることが良いこと』

 

そう考える世の中ですが、もし仮にあなたが一人で稼ぐことが出来るなら、就職するでしょうか。

仮にしたとしても、自分で稼ぐことが出来るので、依存することは無いですね。

つまり、『自分で稼ぐことが出来るから安定』なのです。

 

しかし、今の教育は『会社で働けば安定だ』といまだに言ってしまいがちです。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

それは、いまだに会社で働けば安定と妄信している人が多いからです。

 

ネットが普及し自分で稼いでいる人がいる事実・AIが普及することで半分の労働力は無くなるという真実を見ていない。

見ていないというよりは、『わかってはいるけど、周りの人と同じ考えにしないと村八分になる』という事を恐れているのですね。

 

なので本音で言わないのです。

集団に依存してしまうと、こんな弊害も生まれるのです。

 

自分の人生は自分で責任を取る

そんなことが当たり前の世の中です。

周りに依存せずに、自分で考え行動し、自分の好きなように生きていくことが、これからの時代なのではないでしょうか。

 

・自分で稼ぐ力を今のうちに身につける

 

 

 

これを見たあなたは、もしかすると自分の人生に危機感を持っているのかもしれません。

それはとても良いことと言えます。

なぜなら、先にお伝えしたように、『人間は防衛本能が備わっている』からです。

 

自分の未来を案じ、今から何をすることで、自分を守ること(自分で稼ぐ力)が出来るのか。

そうお考えではありませんか?

 

もし、自分で何かを始めたいと思っているのなら、このブログでは『自分で稼ぐための無料メール講座』を行っています。

興味があれば、ぜひ登録してみてくださいね♪

 

今なら間に合う!AIに負けないお金の稼ぎ方講座+無料特典付き