目標を達成するために差し出すもの

 

 

『自分の人生を大きく変えたい』と本気で考えている場合、最初に何かを差し出さなくてはいけません。

その何かとは、『時間』と『お金』です。

 

いつものようにテレビを見て楽しんでいる時間や、自分の趣味に没頭する時間を削って、余った時間を自分の目標に費やしたりします。

また、お金は自己投資をするという事です。

自分の目標のためになる勉強代ですね。

お金と聞くと『大金を用意しなくてはいけない』と考えてしまいがちですが、そういう事ではなく、使えるお金で自己投資をしていくわけです。

 

 

つまり、目標を達成して幸せになりたいのであれば、圧倒的な一人の時間と自己投資ができなければいけないということです。

 

しかし、多くの人は変わることを嫌がります。

目標を達成したいと想っているのに、もったいない話ですね。

 

 

なぜ嫌がるかというと、今ある生活を捨てて、将来のために遊ぶ時間を削ったり、お金をかけたりしなければいけないからです。

そういう痛みに大勢の人は耐えきれないのかもしれません。

 

 

実際に、大勢の人は『時間が無い』とか『お金が無い』と言います。

 

 

そのため、毎日『こんな生活変えたい』と想っていても、実際に行動に移し、成功することができる人は圧倒的少数なのです。

 

何度も言いますが、目標を達成するためには『時間』『お金』を差し出さないといけません。

 

これができなければ、どんな人でもうまくはいかないと言えますね。

 

 

 

スポンサーリンク

・自分のやっていることを信じ切る自信

 

 

 

最初にお伝えしたように、何かを成し遂げようとするとき、『時間』『お金』を差し出さないといけません

 

たとえば、野球選手。

多くの選手は、小学校の頃に『野球選手になりたい』と想い、毎日練習に励みます。

もっとうまくなるためには、練習という時間が必要ですし、道具にお金もかかります。

地方に遠征に行くときなどは、遠征費もかかりますね。

 

 

しかし、そのような努力を重ねたとしても、本当に野球選手になることが出来るかは今の段階ではわかりません。

当たり前のことですが、将来がどうなるかというのは誰にも予想なんて出来ません。

それでも、一つ間違いなく言えることは、野球を続ける事でプロになれる可能性は大いにあるという事です。

それは野球をしている少年のすべての人に言える事ですね。

 

 

つまり、継続することでスタートラインに立つことができるわけです。

当たり前のことですが、努力をせずに毎日を遊んで過ごしていても、何も変わりません。

プロ野球選手になれる人は、時間とお金をかけた人だけが許されるのです。

 

 

これは、ビジネスでも同じことで、

たとえば、本当の意味で自由な生活を送りたいのであれば、それ相応の時間とお金が必要ですね。

また、知識を得るためにセミナーや教材を購入したり、コンサルを受けたりするなどのお金も必要です。

しかし、それらを受けても、本当に自由な生活を送れるかはわからないため、信じて行動するしかありません。

 

そのため、自由な生活を送りたいと考えているだけでは、自由な生活を送れるどころか、チャンスすら回ってきません。

なぜなら、考えているだけで行動していないからです。

 

 

このように、達成できるかどうかわからず先が真っ暗でも、前に進むしか自分の送りたい人生を掴むことは出来ないのですね。

 

 

・原因と結果の法則

 

 

 

原因と結果の法則という言葉があります。

これはどういう意味かというと、物事には必ず結果があります。

結果が出たのは、必ずそれを作った原因があるという事です。

 

 

たとえば、ダイエット。

痩せたい!と心の中で強く想う事で、痩せるための行動をします。(原因)

痩せるために行動すると体重が少しづつ落ちていきますね。(結果)

 

 

逆に

痩せたい!と強く想っていても、行動をせずにいつもと変わらない生活をします。(原因)

これでは痩せるどころかブクブク太ってしまいます。(結果)

 

 

 

これは余談ですが、僕はあることに気が付いたのです。

これは、かなり太めの女性に多いのですが、彼女たちはよく『人は心が大事』という言葉を発します。

確かに、言っていることは正しそうなことを言っているのですが、僕はこの言葉を聞くたびに、言葉にならない深い疑問を抱いていました。

 

確かに人は心と僕も思います。

しかし、この言葉は、かなり太めの女性が口にする言葉では無いと断言できます。

なぜなら、この言葉のせいでダイエットをしない理由を作っているからです。

 

かなり太めの女性は、自分でも『ダイエットをしないとイケない』と必ず思っています。

容姿の問題ではなく、いずれは病気になる恐れがあるからです。

病気の事を考えると誰でも生活を見直しますよね?

 

しかし、ダイエットを始めると食事制限や運動という痛みを伴います。

 

 

『ダイエットはしないといけないけど、食事制限や運動は面倒くさい』

『でもダイエットをしないと、病気になるかもしれない』

『でも、ダイエットは面倒くさいからしたくはない』

 

ではどうするでしょうか?

人は見た目じゃないし、このままでいいや』

というあたかも正論のような言い訳を作ってしまうのですね。

 

『人は心』と言ってしまう、かなり太めの女性がいたら要注意です。

健康に良くないので、考え方を改めさせましょう。

 

こういった原因があるから、結果として痩せることが出来ないという事です。

 

 

原因と結果の法則は、すべての事に言えることです。

もし、何かを始めて、良い結果が出ればそれは良い原因が起こしたことと言えます。

逆に悪い結果の場合、それは悪い原因が必ずあるので、それを考えることで、上手く修正していくことが出来ます。

 

 

 

スポンサーリンク

・リスクばかりを考えるとうまくいかない

 

 

多くの人は、『こんな生活を送りたい』という願望があるはずです。

それはほとんどの場合、時間のある生活とお金のある生活です。

 

しかし、それを実現するために今ある生活環境を変えないといけません。

それは、最初にお伝えしたように、遊ぶ時間を削ったり、勉強という自己投資をしたりすることです。

しかし、人は変化を嫌う生き物ですね。

 

なので、一歩が踏み出せないのです。

一歩を踏み出せない言い訳としてよく聞く話が『やっても失敗するかもしれない』という言葉です。

これは、先ほどお伝えしたかなり太めの女性の話と一緒で、言い訳を模索してたどり着いた究極の言い訳です。

 

確かに、やってもうまくいくとは限りませんね。

あたかも正しいことを言っています。

 

それならそれでも良いと言えますが、それでは自分の望む未来は永久に手にすることは困難です。

 

 

どちらの例にも共通していえることは、『苦労したくない』ということです。

生活環境を変えることで、自由時間が奪われたり、趣味に没頭できなくなる。

これが痛みであり、リスクと捉えてしまうのでしょうね。

 

 

しかし、これでは目標を達成することは不可能です。

何度もお伝えしますが、時間とお金を犠牲にしないと、成果を手にすることはあり得ません。

 

『結果は後からついてくる』という言葉があります。

この本質は、望むことを実現するために、今何に時間を使いどのように自己投資をすることで望む将来が手に入るという事です。

 

本気で『変わりたい』と望むのであれば、今すぐに時間とお金をかけるべきと言えます。

全ての責任は、自分にあります。

 

 

・自分で責任を取る

 

 

結局のところ、だれもあなたを助けてくれる人はいません。

全ては、自分の行動で決まるからです。

 

そこに他人が介入できるはずがありませんよね。

24時間365日ずっと一緒にいるなら話は別ですが。

 

自分で決めて行動するから、自分の思い通りの人生が手に入るわけです。

 

自分の人生なので、他人に縛られた生活なんて嫌じゃないですか?

僕はそう思い、自分で一人で稼ぐことを実践しています。

 

このブログでは、自分で稼ぐ仕組みを公開しています。

興味があれば一度見てみてくださいね。

 

社会に縛られずに自由に生きる無料メール講座