定年まで毎日同じことをやり続けるのですか?僕はそんな生き方したくない!

 

 

 

月曜日⇒『会社に行きたくない』

火曜日⇒『会社に行きたくない』

水曜日⇒『とにかくもう早く時間が過ぎ去ってくれ!頼むから』

木曜日⇒『今日・明日出勤すれば休みだ。頑張ろう』

金曜日⇒『やっと今週も終わり!明日は休みだから夜は遊ぼう』

土曜日⇒『最強の幸せ者』

日曜日⇒昼間は最強だがしかし・・・

日曜日のPM 18:30⇒サザエさんを見て鬱になる。。。

 

『また明日からあの地獄の日々に戻るのか』

 

このように毎日を感じている人は多いのではないでしょうか。

 

 

毎日同じ時間に起床

毎日同じ時間に出社

毎日同じ時間に多少の休憩

毎日同じくらいの時間に帰宅

毎日同じくらいの時間に就寝

 

毎日同じ人に出会い

毎日同じような昼食をとる。

 

給料ですらそんなに変わらない。毎回同じ額。

 

唯一の楽しみは、3食のご飯と週末の金曜日・土曜日。

 

月曜から金曜まで頑張った自分への褒美として、週末は思う存分趣味に没頭するか飲みに行く。

そのつけとして、日曜日は二日酔い。ひたすらに寝る。

夕方起きて、事の重大さに気づく。

 

『サザエさんが始まっているな、また明日も仕事か・・・・(´・ω・`)』

 

二日酔いも冷め気分が良くなったと思った矢先に、目の前に迫っている現実を想い、急に胸が苦しくなる。

 

こういった毎日を定年までずっと続けていく。

 

僕はそんな生き方はしたくない!

 

 

スポンサーリンク

・毎日がつまらないのは大きな目標がないから

 

 

毎日がつまらない理由は、『自分の達成したい目標がないから』と言えます。

なぜなら、なにか目標があれば毎日がワクワクするはずです。

 

何かに没頭して常にワクワクしていたことが誰でもあると言えます。

 

例えば

学校の部活動で誰にも負けたくないから一所懸命部活にはげんだり

 

学生時代、バイク・車が欲しいために一所懸命働いたり

 

将来を夢見て志望する学校へ合格するための受験勉強であったり

 

将来が約束されていそうな会社で働くために勉強したり

 

給料アップをして家族を喜ばせたいと思い資格取得のために勉強したり

 

将来自分で起業したいから今現在毎日を頑張って働いていたり

ほとんどの人が、何かに夢中になったことはあると言えますね。

 

何か目標を達成して、自己満足をしたい。

その間は、その目標という光に向かい全力で駆けていく。

しかし、その目標を達成した後、突然光が消えて何をしたらよいのかわからない。

 

会社員や公務員によくあるパターンです。

会社で安定した生活を手に入れたい・公務員として安定した生活を手に入れたい。

そこで、安定と言われるものを手にし、最初の頃は毎日がうれしいでしょう。

 

しかし、時がたつにつれ次第につまらなくなる。

なぜなら、会社員・公務員というのは40年間、定年するまでほとんど同じことの繰り返しだから。

しかし、辞めることは許されない。

なぜなら安定が目標だから。

でもつまらない。

 

同じことの繰り返しで毎日が変わらない日々。

そんな毎日が、つまらなくなるのは人間として当たり前です。

 

どういう事かというと、人間の歴史を見ると一目瞭然です。

 

 

・歴史は常に成長する

 

少し話を広げてみます。

明治から大正・昭和・平成・そして今は、令和という時代ですね。

この間、人の暮らしは大きく変わっていますね。

 

交通も便利になり、食べ物も豊かになり、昔ではとても考えられませんが、今ではネットさえあれば全世界中の人とコミュニケーションをとれますね。

 

人の暮らしが、時代ごとに常に変化して成長している。

その原因を作っているのは、一人一人の人間ですね。

 

一人一人の人間が成長するたびに、周りの人の生活も豊かになっていく。

 

しかし、ここで考えて欲しいのは、生活は豊かになってはいるけれど、その時代に生きている人間の満足度はどうでしょうか?

 

全く変わりません。

 

という事は、人間は常に変化していかないといけない生き物という事になります。

なぜなら、変化せずにいると退化しかしないからです。

 

わかりやすく説明すると、ちょっと前まではガラケーが主流でしたね。

今ではスマホが必須アイテムとなっています。

言うまでもありませんね。

 

しかし、いまだにガラケーしか使っていない人がいるのも事実です。

たしかに使い慣れたものを使うのは良いことと言えますが、近い将来ガラケーは無くなるでしょう。

これも言うまでもありません。

 

それでもガラケーしか使いたくないと言っている人でもいつしかスマホに切り替えないといけない時が来るものです。

 

変化していかないといけないという事です。

 

これはたとえ話ですが、他の事でも言えることではないでしょうか。

つまり安定と考えて会社で働き、毎日同じことを繰り返していてもいつかはそれが機能しなくなる。

それが今の時代という事です。

 

 

スポンサーリンク

・安定を取るか?変化を取るか?

 

 

ここまで読んでくれたあなたは、安定を取って毎日定年まで同じことを繰り返す毎日が、人間として成長できないということが理解できたと思います。

 

そして、すでに気付いていると思いますが、今の時代は会社という組織よりも個人が世の中に出て、自分という一人の個性を開放する時代です。

 

会社という組織が個人という一人の人間を対等な時代なのですね。

 

今までの価値観、会社で働けば一生安泰だし、会社で働いていない人間はよろしくない。

そう考える時代が消えうせるのは、目に見えているはずです。

 

時代の変化に対応することで、常に目標を持ち続け人間らしい生き方を手に入れてみませんか?

 

詳しくは↓より

人間らしい生き方を手に入れてみる無料メール講座